罰則集

廃棄物等の適正な処理・リサイクルを推進する上で、排出事業者は廃棄物処理法を遵守しなければなりません。廃棄物処理法は、排出事業者が最低限守らねばならない事項を定めたものです。

廃棄物処理法違反を起こしてしまった場合にどのような罰則を受けるのか、排出事業者は
正しく認識しておくことが重要です。

刑罰

該当する行為
5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金、又はこれの併科 25条 1 廃棄物処理業の無許可営業
5 生活環境保全上の支障の除去等に係る行政からの措置命令に違反
6 無許可業者に廃棄物処理を委託
12 廃棄物を不正に輸出
13 無許可で産業廃棄物の収集運搬又は処分を受託
14 廃棄物の不法投棄
15 廃棄物の不法焼却

刑罰

該当する行為
3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金、又はこれの併科 26条 1 廃棄物の処理を、委託基準に反した方法で委託
5 行政からの改善命令・使用停止命令に違反
6 無許可で国外廃棄物を輸入
12 「不法投棄」又は「不法焼却」する目的で、廃棄物を収集運搬

刑罰

該当する行為
6ヶ月以下の懲役若しくは50万円以下の罰金 29条 1 欠格要件に該当する事態になった場合、又は建設廃棄物の保管場所を届け出なかった、あるいは虚偽の届出をした者
3 管理票を交付しなかった、又は虚偽の記載をして管理票を交付した者
7 管理票又はその写しを保存しなかった者(保存期間は、5年)
8 虚偽の記載をして管理票を交付した排出事業者(中間処理業者を含む)
11 電子マニフェストを使用するために、情報処理センターに虚偽の登録をした者
13 行政からの管理票に関する規定遵守の勧告に従わず、更にその勧告に関する措置命令にも違反した者

※ 法第29条9号において、「運搬受託者又は処分受託者が産業廃棄物管理票の交付を受けずに産業廃棄物の引渡しを受けた場合」処理受託者が罰則を受けることとなりますので、産業廃棄物管理票の交付にはご協力下さい。

刑罰

該当する行為
30万円以下の罰金 30条 1 帳簿を備えず、規定事項を帳簿に記載せず、又は虚偽の記載をした
5 事業所に産業廃棄物処理責任者又は特別管理産業廃棄物処理責任者を置かなかった者
6 行政からの報告徴収に対し、報告をせず、又は虚偽の報告をした者
7 立入検査や廃棄物の収去を拒み、妨げ、又は忌避した者

刑罰

該当する行為
20万円以下の過料 33条 1 非常災害のために必要な応急措置として事業場外保管届出義務違反
2 多量排出事業者の処理計画届出義務違反
3 多量排出事業者の処理状況報告義務違反

■雇い主である法人又は人に係る罰則(当該法人等及び行為者の双方を罰する。)

法第32条/内容 罰則に係る
行為者
罰則に係る行為者の
行為の内容
雇い主である法人
又は人の罰の内容
法人に係る両罰規定 法人の代表者、代理人、使用人その他の従業員 法人の業務に関し、25条第1項第1号から第4号まで、第12号、第14号若しくは第15号又は第2項に該当する違反行為をしたとき 3億円以下の罰金
法人の業務に関し、25条第1項(第1号から第4号まで、第12号、第14号及び第15号を除く。)、26条、27条、28条第2号、29条又は30条に該当する違反行為をしたとき それぞれの規定で定める罰
人に係る両罰規定 人の代理人、使用人その他の従業員 人の業務に関し、25条、26条、27条、28条第2号、29条又は30条に該当する違反行為をしたとき それぞれの規定で定める罰