各種リサイクル法の対応

容器包装リサイクル法

容器包装リサイクル法とは消費者・市町村・事業者が役割りを分担して容器包装廃棄物のリサイクルを促進し、排出量や最終処分量を減らし、循環型社会を実現するための法律です。

大栄環境グループの取組み

取り組み(1)

容器包装プラスチックの指定法人ルート向けの「異物除去」、「圧縮梱包」、「再商品化事業者への受渡し」までの業務を行っています。

取り組み(2)

指定法人ルートを活用せず、独自でプラスチックごみの処理を行っている自治体様のプラスチックゴミを 固形燃料化(RPF)しボイラー燃料として再生しています。

取り組み(3)

三重リサイクルセンターにあるこの施設は、容器包装リサイクル法に基づく再生処理事業者の登録を受けており、容器包装プラスチックを原料にベンチやテーブル、車止め等を製造しています。

取り組み(3)

(株)リサイクル・アンド・イコールでは、「容器包装リサイクル法」に基づき自治体で分別収集された容器包装(廃プラスチック)を入札を経て受託し、独自のリサイクル工程で高品質な物流パレットとして再資源化しています。

お問い合わせはこちら