各種リサイクル法の対応

自動車リサイクル法

自動車の廃車時における適正処理とリサイクルを推進し、環境問題への対応を図ることを目的に平成17(2005)年の1月に本格施行されました。自動車メーカー、輸入業者、販売者、解体業者など自動車関係業者の役割と義務を定め、また消費者にもリサイクル費用の支払いを義務づけています。

大栄環境グループの取組み

大栄環境グループでは、自動車リサイクル法におけるASR(カーシュレッダーダスト)処理の認定を受けており、トヨタ、ホンダを中心とするTHチーム、日産・マツダを中心とするART(自動車破砕残さリサイクル促進チーム)の両チームより委託を受けています。

ASRとは・・・

ASRとはAutomobile Shredder Residuesの略で廃自動車を破砕し有価物を回収した後に残る廃棄物のことです。樹脂、発泡ウレタン、繊維、ゴム、金属などが混在しており、処理困難な廃棄物です。自動車大国の日本では年間に70万トン〜80万トン発生していると言われています。

処理の流れ

ARSはグループの3つの焼却炉(三木RC、三重RC、GE)でサーマルリサイクル(発電)されます。
また、焼却処理後に発生する焼却灰も三重RCにある焙焼炉で、高温焼成処理し上層路盤材として再資源化しています。

お問い合わせはこちら