各種リサイクル法の対応

家庭系パソコンリサイクル法(通称)

平成15(2003)年より、「資源有効利用促進法」の改正に基いて、メーカーと消費者が協力しあって、家庭系のパソコンを再資源化するパソコンリサイクルが始まりました。使用済パソコンは、今まで自治体が回収していましたが、パソコンメーカーが回収し、部品や材料により再資源化していきます。

大栄環境グループの取組み

三木RCにある廃OAリサイクル施設はパソコンリサイクル法に対応した設備を備えており、メーカー3社から認定を受けています。

回収・リサイクルの対象

●デスクトップパソコン
●ノートパソコン
●ディスプレイ(液晶、ブラウン管式)
※プリンターやスキャナー等は回収対象となりません

搬入されたパソコンは、ブラウン管や基盤、コネクター等手分解で取り外され、その後機械にて粉砕・選別されます。こうした工程で選別された資源は、素材毎に回収されます。


ハードディスク破壊機夜間・休日の警備実施

また、個人情報保護法にも対応しており、個人情報が入っているデスクトップパソコン、ノートブックパソコン等は、搬入後指定の場所に一時保管され、シャッター施錠を徹底しています。また、解体して取り除かれたハードディスクはハードディスク破壊機で速やかに破壊し、情報漏洩防止に努めています。

お問い合わせはこちら