各種リサイクル法の対応

小型家電リサイクル法(通称)

平成25(2013)年4月1日に施行された「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律(通称:小型家電リサイクル法)」によって、金や銅などの有用金属を多く含む携帯電話やデジタルカメラ等の使用済み小型家電を一部の自治体が回収し、リサイクルを推進する取組みがスタートしました。

大栄環境グループの取組み

取組み1

グループの大栄環境(株)と三重中央開発(株)が、法律に基づく再資源化事業計画の認定を環境省、経済産業省より取得。これまでOA機器リサイクルで行ってきた再資源化事業の設備、ノウハウを活用しながら、認定を受けた地域において銅、アルミ、レアメタルを含む有用金属等を回収し、資源確保に貢献しています。

取組み2

法施行に伴い、使用済み小型家電の再資源化等を促進するための環境を整備する為、環境省が「小型電子機器等リサイクルシステム構築実証事業(再資源化事業者提案型)」を公募。 大栄環境株式会社として平成25年度に1次実証、2次実証とが採択され、市町村における使用済み小型家電の回収体制の構築を全面的に支援しました。26年度も引き続き支援活動を行っています。
◆詳しくはこちら(http://www.dinsgr.co.jp/topix/smallelectric.html

小型家電の直接回収拠点一覧

[ イベント回収 ]

現在、イベント回収の予定はありません。

お問い合わせはこちら