三重リサイクルセンター

国内有数の資源循環システムと設備で一貫したリサイクル事業を展開

三重リサイクルセンターでは、年々強化される廃棄物処理法や各種リサイクル法に対応可能な施設が充実しています。加えて、廃棄物を適正に処理するだけでなく、資源循環システムの構築にも注力しており、例えばフロン破壊も可能な焼却施設では熱エネルギーを温熱利用や発電に活用したりと、高度な次元で高い再資源化率を誇る国内でも有数の総合リサイクルセンターです。

施設案内動画を見る
クリックすると各施設写真が表示されます

(処理能力:318t/日(24h)×2基 発電能力:4,000kW)

産業廃棄物だけでなく、一般ごみの処理も可能であり、多種に渡る品目の処分許可を持った、全国でも数少ない焼却施設です。燃焼時の排熱を回収し、エネルギーとして事業所内や地域へと供給します。

(処理能力:187t/日(24h))

焼却炉で発生した燃えがらや汚染土壌を1,100℃の高温で焼成することで、有害物質を無害化することができます。焼成後の灰は土木資材などにリサイクルされます。

(処理能力:100t/日(24h))

食品工場から出る食物くずなどを焼却炉の熱を利用して乾燥させます。

(処理能力:30t/日(24h))

乾燥施設で乾燥されたものを炭化します。出来上がった炭は、プランターの土や野菜の土に混合して利用されます。

(処理能力:130t/日(24h) <発電施設発電能力>800kW <乾燥施設処理能力>90m3/日)

廃棄物を焼却する時に発生するエネルギーを発電に利用、800kWの電力を製造し、事業所内に供給しています。また、熱エネルギーは乾燥炉にも利用され、乾燥肥料の製造にも役立てています。
このサーマルリサイクル施設は、フロン破壊法に基づくフロン類破壊業者登録を取得しています。

(処理能力:200t/日)

焼却灰や汚染土壌を高温で焼成することによって無害化し、土木資材などに再資源化しています。また、当施設は特別管理産業廃棄物にあたる特定有害産廃の処分許可を多数取得しております。

(処理能力:69t/日×2基)

グループで4拠点目のRPF製造施設。従来焼却されていた可燃性廃棄物から選別強化により、製品に使える廃プラスチック・紙くずを取り出し固形燃料化します。

(処理能力:4.75t/日(9.5t/48h))

アメリカエネルギー省の技術供与によって、共同出資会社であるISVJ(アイエスブイジャパン)にライセンス使用が認められている新しい工法です。残留性有機汚染物、PCB、ダイオキシン、DDT等の化学物質を無害化することを目的としています。

(処理能力:262t/日)

木くずを破砕選別し、木材チップを製造します。生木、伐採木、畳に対応できる3系統のラインがあります。

(処理能力:30t/日)

大型電気機器や遊戯機器を手分解、破砕、剥離し、鉄・非鉄・廃プラスチックなどそれぞれの組成ごとに回収。また当施設は、フロン回収業者として登録しており、回収したフロンは同リサイクルセンター内の焼却施設で破壊し処理しています。

(処理能力:400t/日)

汚泥を固化材と混合し、混練・造粒することにより再生処理土を製造する施設です。これにより、汚泥が新たな資材として生まれ変わります。

(処理能力:25t/日)

プラスチック製廃棄物から再生ペレット等を製造しており、容器包装リサイクル法に基づく再生処理事業者の登録を受けています。再生プラスチック製品は、三重県リサイクル製品利用推進条例の認定を受けました。

(面積:3,675m2

3,675m2を誇る敷地面積を擁し、各地から日々搬入される廃棄物を品目ごとに人の手、重機を用いて分類、危険物等が含まれていないかチェックを行っております。

(処理能力:250t/日)

三重では、大量の廃棄物を破砕するAラインと焼却対象物を破砕するBラインの大小二基の破砕選別施設を保有。前処理として産業廃棄物の容積を小さくする、いわゆる減容化を行います。

(処理能力:98.4t/日)

三重では、大量の廃棄物を破砕するAラインと焼却対象物を破砕するBラインの大小二基の破砕選別施設を保有。前処理として産業廃棄物の容積を小さくする、いわゆる減容化を行います。

(処理能力:2.9m3/日)

汚泥、動植物性残渣などの有機性廃棄物を三ヶ月かけて発酵と熟成を行い良質な完熟肥料を製造します。製品は「土力くん」という名で農事組合法人ねぎぼ〜ずなどで農業生産に利用されています。

(保管面積:1,950m2×2)

1階、2階を合わせた総床面積3,990m2の広さを利用した、製品または廃棄物の保管倉庫です。監視カメラも設置しており、建物全体のセキュリティも万全です。

 

アスベストは身の回りのたくさんの製品に使用されています。ここではそれらのアスベスト含有製品の廃棄物の解体を行っています。周辺環境・労働環境に十分配慮した設計となっており、安全管理も徹底しています。

<三重県知事濃度第229号>

搬入される廃棄物の分析、三重で製造するリサイクル製品の品質分析、環境測定まで、様々な分析を行います。その他、汚染土壌の無害化に関する技術調査を始め、環境改善に向けたコンサルタント業務にも取り組んでいます。

(埋立面積:216,491m2 埋立容量:6,165,896m3

リサイクルの過程で発生する残渣物や再生不可能な廃棄物を適正に処分します。
2015年3月に国内最大規模の容量を誇る、第7期管理型最終処分場が竣工しました。
従来の許可容量と合わせると、600万以上に上ります。

(処理能力:300m3/日)

管理型最終処分場の浸出水をきれいな水に浄化する施設で、周辺環境を守る大きな役割を担っています。

(処理能力:300m3/日)

水処理施設で浄化した水をさらに精製し、不純物を取り除いたプラント用水として各施設へ供給します。