大栄環境グループの社会貢献活動ブログ

地域へのお役立ちは私たちの使命です

10月17日(火)

御坊リサイクルセンターでは、以前から地元の役員さんにお願いされていた下流水路の清掃作業を行いました。

毎日のように雨が降り続くなか、精鋭5名が雨天決行で現地に出動。永年貯まり続けて草の生い茂った土砂をミニユンボで撤去し、最後に散水車で仕上げの清掃を行った結果、見違えるような水路に生まれ変わりました!

作業後の水路を見た地元の皆さんからは、
 「草が消えちゃった!」(お子さん)
 「だいぶ前に掃除したけど、ここまで綺麗になるとは驚いた!」
 「この水路、こんなに大きかったんだ!」
 「泳げるんちゃう?」

8月に行った草刈りでも、大栄パワーにたくさんのお褒めの言葉を頂きましたが、これからも地元の皆さんに大栄環境の貢献パワーをお見せして行きます!

京都RC 岩船区 白山神社 おかげ踊りに参列

京都リサイクルセンターの地元 岩船寺に隣接する白山神社にて『おかげ踊り』が行われ、木津川市学校教育課、観光協会、南加茂台小学校とともにお招きいただき、参列をさせていただきました。

この『おかげ踊り』は、祭礼行事として、毎年10月16日に本殿を背景に中央の音頭、太鼓に合わせて、老若男女が御幣を振り掲げ、輪になって踊る行事で、おおよそ140年程前から行われており、京都府無形民俗文化財にも登録されています。

今年は、例年と違い、生憎の雨で屋内での踊りを見せていただきました。

三木RC 近隣の細田神社にて秋の例祭

10月9日(月・祝)
三木リサイクルセンターの近隣地区にある細田神社にて秋の例祭が行われました。

当社もご招待いただき、センター長の下地が出席いたしました。
午前中は神事が執り行われ、可愛らしい小学生の巫女さんによる浦安の舞、直会があり、午後には子供神輿の運行もありました。

以前は沿道に屋台が立ち並ぶほどのにぎわいがあったそうですが、近年は人口減少に伴い、規模は縮小されているようです。

近隣地域の各地区の区長様も参列されており、地域コミュニケーションを今後も深めて共に歩んでいきたいと思いました。

六甲アイランド クリーンキャンペーン

10月12日(木)午前11時より、
大栄環境グループ本部がある六甲アイランド(兵庫県神戸市)で
六甲アイランド地域振興会が実施する
クリーンキャンペーンが行われ、
当社から総勢76名が参加しました。

人通りが少ないエリア中心に、相変わらずの大量のゴミ・・・。
参加者からは『時間もゴミ袋も足りない』と言われる始末。
いつになったらポイ捨てはなくなるのでしょうか。
不法投棄と思われるような粗大ゴミも絶対に見つかります。

ですが、ゴミを拾い終わった後の、
皆の清々しい笑顔。達成感と爽快感に溢れています。

ゴミ拾いに行って、ゴミがないとそれはもちろん嬉しい話ですが、
ゴミをたくさん拾い、街を綺麗にした時の
達成感や爽快感も気持ちの良いものなのですよね。
そして、歩いてゴミ拾いをすることで運動も出来てしまう・・・
と秋風(結構な強風)に吹かれながら感じたひとときでした。

2017年10月12日(木) | 本部, イベント, 清掃活動 | Leave a reply

近隣小学校の課外授業を行いました

10月10日(火) 
三木リサイクルセンターでは、初めて、近隣小学校の課外授業を行いました。今回は、これまでに私たちが携わった三木かんきょうフェスティバルや県民局リサイクルツアーを参考にしながら、バスの中から又降車して施設案内を行いました。

場内を案内する前に、従業員の駐車場を見て「こんないっぱいの人が働いてるん!?」と意外なところから驚かれました。家・電施設と焼却施設で降車して、各現場の担当者が子供達に分かりやすく説明をしました。

小型家電リサイクルで東京オリンピック・パラリンピックで授与されるメダルを作る『みんなのメダルプロジェクト』の説明やパソコン手分解に目がキラキラ輝いていました。

また、焼却中央制御室では、サファリパーク計画にちなみ全員動物の被り物でお出迎え!ホワイトタイガーを被った担当者の名調子で子供達との距離もグッと縮まり、あちらこちらから質問の嵐でした。教科書に載っている焼却炉のイラストが目の前に広がっているので、大興奮でした。

その後、槇谷増設処分場を見たのち、堆肥化施設で野菜くずがどんなふうに堆肥に変身するかを説明して頂きました。最後に見学のおさらいを兼ねてプロモーションビデオ鑑賞後、リサイクル学習を行い終了しました。

「将来ここで働いてみたい♪」「ここの堆肥で作った野菜食べたことあるんかな?」と、思い思いの感想が聞かれました。帰りのバスでは、「あっ!あれマーク付いてる!三木リサイクルセンターに行く車かな?」と嬉しい声も聞かれました。こうした活動を通じて、多くの方々に大栄環境を知って頂きたいと改めて思いました。

おすすめめコンテンツ