伊賀市環境保全市民会議 クリーンウォーキングに参加しました

平成30年12月1日(土)

伊賀市環境保全市民会議主催の伊賀市クリーンウォーキングが開催され、
三重県職員、伊賀市役所職員、企業の方々等、伊賀市中から、
総勢30名以上の清掃活動が行われました。
三重リサイクルセンターからは、全19名で参加しました。

天候にも恵まれ、市民の方々や行政の方々と青山支役所周辺の清掃活動を行いました。

市民の方々から
「毎回多数の御参加ありがとうございます。日々の業務の中で参加されるのはすごいですね」
「今後も三重中央開発㈱さんにはご苦労かけますが、協力していきましょう」など、
御礼や励ましのコメントを頂きました。

今後も県・市・市民の方々と親睦を深め、環境保全活動に尽力していきたいと思います。

第10回 DINS杯学童野球大会

11月18日(日)、11月24日(土)に第10回第DINS杯学童野球大会が開催されました。

今年も伊賀ちっびこ野球同好会主催、奈良ちびっこ野球愛好会共催の元、
11月18(日)にAチーム13チーム、Bチーム6チームで予選が行われ、
11月24(土)に決勝リーグが行われました。

予選リーグでは絶好の天候に恵まれ、選手たちの好プレーが多く見られました。
Aチームは友生少年野球クラブ・府中少年野球クラブ・
美旗グリーンベアーズ・つつじヶ丘ファイヤーズが、
Bチームはつつじヶ丘ファイヤーズ・友生少年野球クラブ・
俵口オーシャンズ・南山城アースが予選を勝ち抜きました。

決勝リーグでは真冬並みの天候となりました。
結果は、Aチームは前回優勝チームの友生少年野球クラブが接戦の末連覇を成し遂げ、
Bチームはつつじヶ丘ファイヤーズが乱打戦の末優勝しました。

大栄環境グループは、地域の子供たちがのびのびとスポーツを楽しむことができるよう
今後も支援を行なっていきたいと思います。

伊賀FCくの一、なでしこリーグ2部優勝!!

大栄環境グループの三重中央開発株式会社がスポンサーを務め、ユニフォームにもその名を載せていただいている「伊賀フットボールクラブくノ一」は2018プレナスなでしこリーグ2部で優勝、1部昇格が決まりました。その彼女たちが、10月24日(水)三重リサイクルセンターの朝礼時、優勝報告に来てくれました。

チーム代表及び大嶽直人監督、杉田亜未キャプテンより今シーズンの戦績についてのご挨拶を頂き、従業員全員で優勝祝福の拍手を送りました。

今年は2部リーグでのスタートでしたが、13勝2敗2分の快進の戦績を残し堂々のリーグ戦優勝を決め、またリーグ戦とは別のカップ戦も制し、福井国体でも優勝し合わせて「3冠」を勝ち取り、1年で1部復帰を果たしました。

来年度の1部リーグでの活躍を期待し、協賛企業としてチームを盛り上げていきたいと思います。

「エコ通勤」を実施してみました

事業所が都心部から離れたところにあることが多く、
自動車通勤の比率がとても高い大栄環境グループ。

三重リサイクルセンターでは、平成30年10月26日(金)、労働時間の削減やライドシェアの推進を目的として初の試みとなる『エコ通勤』を実施しました。

今回は名張市在住の従業員を対象に名張駅⇒桔梗が丘駅⇒会社という経路で実施し、10名が参加致しました。バス内は笑い声に溢れ和やかな雰囲気で皆、バス通勤を楽しんでいます。普段関わりの少ない部署の社員とも喋ることができ、会社内のコミュニケーションの向上にも繋がったと思います。

次回のエコ通勤もぜひ参加したいと皆、申しております。

キッズISO14000出前授業

2018年10月5日、19日の2回に分け、三重リサイクルセンターでは、地元の成和西小学校の4年生(16名)を対象にキッズISO14000出前授業を実施致しました。

1回目の5日は買い物ゲームを行いました。音楽室をお借りして擬似の店を開店し、そこへカレーの材料を買いに来てもらいます。そして食材だけではない『ごみとなるもの』も一緒に購入していることを体験していただきました。子どもたちは目を輝かせて買い物ごっこを楽しみ、同時に環境に優しい買い物方法を学ばれました。

2回目の19日は各家庭の電気使用量をどうすれば減らせるのか皆で作戦を立てました。皆さん悩みながらも各家庭に合った作戦を立てることが出来ました。

今後もキッズISOを通して子どもたちの環境に対する『気づき』のお手伝いをしていきます。