第18回DINS賞「あすなろ杯」争奪ちびっ子野球大会

大栄環境グループが毎年バックアップをさせていただいている、
第18回DINS賞「あすなろ杯」争奪ちびっ子野球大会が
生駒市北大和球技場(奈良県)で開催されました。

ゴールデンウィークの4月29日に20チームで予選リーグがスタートし、
5月4日準々決勝、そして5月20日に決勝トーナメントが行われました。

そして、Aゾーンはプレーオフの末「田辺東クラブ」が、
Bゾーンは「いずみクラブ」が優勝の栄冠を手にしました。

主催者である大栄環境グループ常務取締役の大田からは、
「ご両親・監督色々な方々の支えがあって
 野球が出来るこのすばらしい環境を大事にし
 感謝の気持ちを忘れないでくださいね。」
とご挨拶をさせていただきました。

木津川アート2018プレイベントをお手伝いしました

4月7日(土)

京都府木津川市 恭仁京跡(山城国分寺跡)を会場に
木津川アート2018のプレイベントが行われました。
大道芸に巨大なカルタを使ったカルタ大会、
地域の子供たちのダンスチームによるダンスなど
盛りだくさんの内容でしたが、
元気いっぱいの子供たちで行われたカルタ大会には
木津川市長も読み手として登場!
カルタ大会を盛り上げてくださいました。
またメインイベントのサーカスでは、
老若男女が固唾を飲んだり、
大爆笑したりと大盛り上がりでした。

私たち京都リサイクルセンターは、
木津川市内で開催されるイベントへは
色々な形で参加させていただいていますが、
今回は裏方としてご協力させていただいています。
会場脇の駐車場にコンテナを設置し、
会場で出たごみを処理することが今回の役割でした。

裏方の地道な行動ですが、地域の人たちと
大栄環境グループとの距離を近付け、信頼関係を深めていく、
その下支えとなっている気がします。

新年度、初めてのクリーンデー

4月4日(水)
京都リサイクルセンターにて…。

今年度も始まりました、恒例のクリーンデイ!
春のポカポカの陽気を通り越し若干の夏模様が垣間見れる今日、
地元大畑区からの依頼もあり、いつものクリーンデイ周回コースを離れ
山中の一角に足を伸ばしました。

依頼の場所に到着し、道の脇を見ればあれよあれよゴミが・・・。
軽トラック二台を導入するも
30分の作業で二台とも満タンの収穫となり、
少ない作業時間で総重量270kgという結果になりました。

限られた時間中の作業でしたが
地元の方に結果報告をすると大変喜ばれ、
作業をした我ら一同も満足感を胸にセンターに戻りました。

今年度も執り行われるクリーンデイですが、
少しでも我らの姿を見て、
ポイ捨てからゴミ箱への意識付けを
周囲にアピールをしたいと思います。

地元地区の道づくりをお手伝いしました

京都リサイクルセンターでは
天候に恵まれた3月18日(日)、
地元地区の道づくりをお手伝いしました。

地元の方々と共に周辺道路脇の清掃作業で、
道路脇には落ち葉や泥がたくさんありましたが、
皆様と汗を流し作業後には綺麗になりスッキリとしました。

作業後には、
「ありがとう。助かりました。」
とお礼のお言葉をいただきました。

今後もこうした活動を通して地域の方々との
より良い関係作りを目指して参ります。

斑鳩町清流復活大作戦

3月4日(日)奈良県生駒郡斑鳩町にて

青空の中で大和川一斉清掃「清流復活大作戦」が行われ、
三重・京都の両リサイクルセンターのメンバーや
地域の大勢の皆さんが参加されました。

この取組みは全国的には依然として悪い大和川の水質を
大和川流域の市町村が連携し、
きれいな大和川の復活を目指す清掃活動です。
過去は、日本一きたない川で有名でしたが、
地域住民の環境意識の向上、
近隣自治体の協力により水質も良くなり、
きれいな川になってきました。
斑鳩町の職員さんのお話では、
ゲンジボタルが見れる川にしたいとのことで、
今日のような頑張りがあれば、
近い将来見ることが出来ると確信しました。