第18回DINS賞「あすなろ杯」争奪ちびっ子野球大会

大栄環境グループが毎年バックアップをさせていただいている、
第18回DINS賞「あすなろ杯」争奪ちびっ子野球大会が
生駒市北大和球技場(奈良県)で開催されました。

ゴールデンウィークの4月29日に20チームで予選リーグがスタートし、
5月4日準々決勝、そして5月20日に決勝トーナメントが行われました。

そして、Aゾーンはプレーオフの末「田辺東クラブ」が、
Bゾーンは「いずみクラブ」が優勝の栄冠を手にしました。

主催者である大栄環境グループ常務取締役の大田からは、
「ご両親・監督色々な方々の支えがあって
 野球が出来るこのすばらしい環境を大事にし
 感謝の気持ちを忘れないでくださいね。」
とご挨拶をさせていただきました。

三重中央開発第4回ふれあい感謝祭

5月13日(日)三重リサイクルセンターにて、
「三重中央開発第4回ふれあい感謝祭」が開催されました!

来場者数は雨天にも関わらず2,276名!
晴天時に劣らない来場者数となりました!

当日は、朝からパラパラと雨が降ったりやんだりを繰り返し、
午後にはザーザー降りとなってしまいましたが、
そんな天気の中でも楽しみに来て下さるお客様方に
誠心誠意をこめてスタッフ一同対応をさせて頂きました。

バラエティー豊かなステージ!
伊賀FCくノ一の選手と子供たちが熱い対決をしたキックターゲット!
さまざまな地元グルメの屋台!

また今回、力を入れた「てくてくツアー」では
お客様に処分場の見学や水処理の実験教室、
小型破砕機の実演を通じて、
廃棄物処理を身近に感じて頂けたのではないかと思います。

ステージ上での当社PRとして従業員で作り上げたDINSマン劇場は
豪雨のタイミングと重なってしまい、
開始前の客席にはお客様がいませんでしたが、
劇場メンバーの熱意ある演技のおかげで
だんだんお客様が興味を持って客席が埋まっていく様子が
印象的でした。

地元役員の方々をはじめ、多くのお客様から労いのお言葉を頂き、
スタッフ一同、ずぶ濡れになりながら頑張った甲斐がありました。
今後も色々な事を通じて
地域とのふれあいを行っていきたいと思います!

六甲アイランド クリーンキャンペーン

大栄環境グループ本部がある神戸六甲アイランド。
その六甲アイランド地域振興会が
「町ぐるみ島ぐるみ」で実施する、
恒例の「クリーンキャンペーン」が
4月12日午前11時20分から行われました。

気持ちの良い青空のもと、
大栄環境グループからは、本部と六甲エコプラザのメンバー
総勢65名が参加いたしました。

正午までのほんのわずかな時間だったにもかかわらず、
袋いっぱいのゴミが集まりました。
今回もその中には、驚くべきものがたくさん!
プラスチックの収納ボックスや、何かのモニター、消火器など。。。
いったい誰が捨てているのか本当に毎回謎です。

集まったゴミを見ているとやはり多いのは、
空き缶・お弁当ガラ。
しかも拾ってきたメンバーによると、
植え込みの中に目立たないように捨てるという
悪質なポイ捨ても多いそうです。

こうした話を聞くたび活動を続けることはもちろん、
ひとり一人の意識付けが大事だなぁと
参加するたびに感じます。

木津川アート2018プレイベントをお手伝いしました

4月7日(土)

京都府木津川市 恭仁京跡(山城国分寺跡)を会場に
木津川アート2018のプレイベントが行われました。
大道芸に巨大なカルタを使ったカルタ大会、
地域の子供たちのダンスチームによるダンスなど
盛りだくさんの内容でしたが、
元気いっぱいの子供たちで行われたカルタ大会には
木津川市長も読み手として登場!
カルタ大会を盛り上げてくださいました。
またメインイベントのサーカスでは、
老若男女が固唾を飲んだり、
大爆笑したりと大盛り上がりでした。

私たち京都リサイクルセンターは、
木津川市内で開催されるイベントへは
色々な形で参加させていただいていますが、
今回は裏方としてご協力させていただいています。
会場脇の駐車場にコンテナを設置し、
会場で出たごみを処理することが今回の役割でした。

裏方の地道な行動ですが、地域の人たちと
大栄環境グループとの距離を近付け、信頼関係を深めていく、
その下支えとなっている気がします。

斑鳩町清流復活大作戦

3月4日(日)奈良県生駒郡斑鳩町にて

青空の中で大和川一斉清掃「清流復活大作戦」が行われ、
三重・京都の両リサイクルセンターのメンバーや
地域の大勢の皆さんが参加されました。

この取組みは全国的には依然として悪い大和川の水質を
大和川流域の市町村が連携し、
きれいな大和川の復活を目指す清掃活動です。
過去は、日本一きたない川で有名でしたが、
地域住民の環境意識の向上、
近隣自治体の協力により水質も良くなり、
きれいな川になってきました。
斑鳩町の職員さんのお話では、
ゲンジボタルが見れる川にしたいとのことで、
今日のような頑張りがあれば、
近い将来見ることが出来ると確信しました。