三重RCで「エコバスツアー」

三重リサイクルセンターでは、9月23日(土)に三重県産業廃棄物協会 青年部会主催のイベント、「エコバスツアー」の見学受入を行いました。

このエコバスツアーは、「普段生活している中で、当たり前にあるものがどのように作られ、どのような流れでサイクルされているかを知ることで、環境に対する気づきと学びを得る」をテーマに一般の方々、子供たちに我々の業界とその活動を広くPRすることを目的とした事業です。当日は小学生26名、保護者15名、青年部会員14名(合計55名)の参加となりました。

午前中、近隣に工場を構えておられる井村屋さんで見学(製造工程~発生廃棄物まで)を行い、午後から三重リサイクルセンターでその廃棄物がどうリサイクルされているかを学びました。

三重リサイクルセンターでは総務課のトクちゃん&イソちゃんがクイズ形式でまとめたパワーポイント資料でとても分かりやすく説明し、盛り上げてくれました。場内バス見学でも普段は目にすることの無い光景に子供たちは目を丸くしていました。

普段目にすることの無い工場のウラ側、廃棄物の発生場所~処理の現場まで一連の流れで見学したことで、一般の方にはイメージすることが難しい廃棄物の流れが身近に感じられた様で、このツアーの目的は達成することができたと思います。

井村屋さんで見たこと、聞いたことを三重リサイクルセンターで補足、復習したことでツアー移動バス中のクイズでは「カーボンフットプリント」「サーマルリサイクル」「バイオマスボイラー」などの難しい答えの問題にも回答の手が挙がっていました!

地域のお祭りは、元気をいただく場でもあるのです

平成29年8月13日(日)

三重リサイクルセンターの地元、予野地区において
予野区納涼夏祭り2017が盛大に開催されました。

当センターからは、総勢26名が参加し、
5店舗(宝くじ、スマートボール、輪投げ、とうもろこし、アイスクリーム)の出店をさせていただきました。

地元予野地区のお客様とのふれあいの中、
「三重リサイクルセンターが予野区に協力してくれるおかげで、毎年、大勢の地区住民が楽しみに出来るイベントになっています。ありがとう。」

とお声掛けをいただくことが多々ありました。

多くの住民の皆様と大いにふれあい、笑顔をいただくことで、
参加した私たちも皆、元気をいただきました。

今後、事業を継続していく上では、この笑顔を裏切らず、共存共栄の精神で共に成長できる良い関係を維持・向上したく思いました。

消防ポンプ自動車を寄贈いたしました

三重リサイクルセンターは、このたび地元である三重県伊賀市予野区に”救助資機材搭載型消防ポンプ自動車”を寄贈し、7月20日(木)伊賀市消防本部中消防署西分署にての贈呈式が行われました。

始めに弊社専務取締役井上の挨拶のあと、井上から伊賀市長へ目録の贈呈、三重リサイクルセンター長平井から消防署長へ消防ポンプ自動車の鍵の贈呈が行われました。

贈呈後、伊賀市長から感謝状とお礼のお言葉を頂きました。

式典参加者全員で消防ポンプ自動車の前で記念撮影後、予野区の花垣神社にて入魂式が行われました。

今後も100年企業の創造に向けて、地域との係わりを大切にしていきたいと思います。

「農業ふれあいサマーフェスタ」に参加いたしました

平成29年7月17日(月)

伊賀市農業ふれあいセンターにて「農業ふれあいサマーフェスタ」が行われ、約2,000名のお客様が来場されました。

私たち三重リサイクルセンター(三重中央開発㈱)の出店ブースには、農事組合法人ねぎぼ~ずの玉葱、井村屋アイスの販売をさせて頂き、地元の方や来場者の方々とふれあい、親睦を深めました。
また、ゴミ回収コンテナを設置させて頂き、地域貢献を兼ね、当社の名前を知っていただきたいと思っています。

地域とふれあい、地元に愛される企業であり続ける為、日々の努力を積み重ね、地域との共存共栄を進めていきたいと感じました。

地元神社の社務所竣工式に出席させていただきました

7月6日(木)

三重リサイクルセンターの地元予野地区にある花垣神社の社務所竣工式が行われました。

総勢31名が出席され、弊社から社長の金子をはじめ、担当役員も出席させていただきました。

暑い中での式でしたが、神事は無事に執り行われ、竣工式後、氏子総代長様より感謝状を頂きました。

今後も100年企業の創造に向けて、地域との係わりを大切にしていきたいと思います。