「かけがえのない地球を守るために、何ができるか」

募集していた小学生環境ポスターの結果発表です。

家族との何気ない会話の中で、
子どもたちに環境について
考える機会を持ってほしいという思いから、
2011年度から地元の小学生を対象に
環境ポスターを募集しています。
応募受付は夏休み期間中とし、
最優秀賞・優秀賞・努力賞の受賞者には賞状と記念品授与、
参加者全員に参加賞を贈呈しています。

ことしは応募総数314点。
その中から、厳正な審査を通過し、
最優秀賞と優秀賞をご紹介いたします。

10月31日(火)
最優秀賞を受賞した
紀の川市立東貴志小学校6年生の前さんは
全校朝礼の際に表彰!
新聞記者の方も来られており、
前さん、校長先生、
弊社粉河リサイクルセンター長の樫村と
並んでの受賞撮影となりました。
表彰の後、校長室で記者の方によるインタビュー!
少し緊張気味でしたがハッキリとした受け答えが印象的でした。


グループ最優秀賞 紀の川市立東貴志小学校 6年 前大成さん

なお、最優秀賞に選ばれた作品は、
今後一年間、当グループの全リサイクルセンター内に展示いたします。

また、グループ優秀賞は2点です。

 

 

加えて、このポスター募集は、
大栄環境グループの各リサイクルセンターを通じ、
近隣の小学校に出品を呼びかけるという形をとっており、
各リサイクルセンター賞も発表しています。

その中で、三木リサイクルセンターでは
「三木事業所長賞」「環境管理責任者賞」「環境管理事務局賞」を
設け、3件選出しました。

こちらは、10月16日(月)に三木小学校にて表彰式が執り行われ、
受賞者2名はやや緊張した面持ちでした。

大栄環境グループ努力賞を受賞された蓬莱さんは、
ギリギリまで優秀賞候補に残るほどの力作で
ゴミ箱の中からリサイクル後に希望を馳せる
ペットボトルの笑顔がとても印象的な作品でした。
また、三木事業所環境管理事務局賞を受賞された志原さんの
受賞後の弾けんばかりの笑顔がとても印象的でした。
縦書きの応募条件からは外れていましたが、
2年生が書いたとは思えないくらいの力作で、
特に手の込んだ原っぱの風景と分かりやすいキャッチコピーの作品でした。

また、粉河リサイクルセンターでも「粉河事業所賞」を設定、
粉河小学校4年の澤本真於さんと同4年森下楓さんを表彰させていただきました。

六甲アイランド クリーンキャンペーン

10月12日(木)午前11時より、
大栄環境グループ本部がある六甲アイランド(兵庫県神戸市)で
六甲アイランド地域振興会が実施する
クリーンキャンペーンが行われ、
当社から総勢76名が参加しました。

人通りが少ないエリア中心に、相変わらずの大量のゴミ・・・。
参加者からは『時間もゴミ袋も足りない』と言われる始末。
いつになったらポイ捨てはなくなるのでしょうか。
不法投棄と思われるような粗大ゴミも絶対に見つかります。

ですが、ゴミを拾い終わった後の、
皆の清々しい笑顔。達成感と爽快感に溢れています。

ゴミ拾いに行って、ゴミがないとそれはもちろん嬉しい話ですが、
ゴミをたくさん拾い、街を綺麗にした時の
達成感や爽快感も気持ちの良いものなのですよね。
そして、歩いてゴミ拾いをすることで運動も出来てしまう・・・
と秋風(結構な強風)に吹かれながら感じたひとときでした。

2017年10月12日(木) | 本部, イベント, 清掃活動 | Leave a reply

六甲アイランド サマーフェスティバル

8月26日(土)

大栄環境グループの本部と六甲リサイクルセンターがある、神戸六甲アイランド。ここでは毎年「六甲アイランドシティ サマーフェスティバル」が開かれます。

神戸市東灘区最大の夏祭りは、毎年たくさんのお客様で賑わい、子どもたちによるパーレードや盆踊り大会や模擬店や特設ステージでのコンサートなど盛りだくさんの内容です。

私たちは、やきそば、ステーキ、ベビーカステラ、冷やしパイン、生ビール等を販売し、行列が途絶えないほどの大盛況でした。

なかでも今回はじめて挑戦したベビーカステラは、前日に練習をしたものの、なかなかうまく焼けずどうなることかと心配していましたが、本番は、焼き加減を計るためにストップウォッチを使い、みごとにおいしいカステラを焼きあがりましたよ。

本部・六甲リサイクルセンターとしての地域交流の一環としての催しは、まさしく社員総出!! 来年は何作ろうかなぁ!!

これも「100年企業の基盤づくり」です

平成29年1月23日(月)

日本理工情報専門学校で施設管理部課長 中西亨が講師として教壇に立ちました。

13:00からという睡魔が襲ってくる時間帯の講義でしたが、しんしんと雪が降る外の状況とは違い、終始熱弁の中西の話に、普段は電気の事を勉強している学生たちが、分野の違う環境事業や焼却炉の説明を熱心に聴いていました。

このような取り組みで業界のイメージを変え『100年企業の基盤づくり』に微力でも力になれれば、と思います。

2017年1月31日(火) | 本部, 環境教育 | Leave a reply

小学生環境ポスター 最優秀賞 決定!!

大栄環境グループでは毎年、事業所近隣の小学生を対象に環境ポスターの募集を行っており、今年は『豊かな森』をテーマにしました。

全75件のポスターが集まり、厳正なる選考の結果、六甲アイランド内の向洋小学校 5年生 泉 初音(いずみ はつね)さんが最優秀賞を受賞されました。11/11に小学校に赴き表彰式をさせて頂きました。

初音さんは緊張しつつ、『受賞してうれしかった。』と喜んでくれました。また、お母さんも同席して頂いて、『最優秀賞と聞いて驚きと喜びでいっぱいです!』とおっしゃっていました。

acimg1102_400

%e6%9c%80%e5%84%aa%e7%a7%80%e8%b3%9eblog

 

優秀賞の3点も、最優秀賞に負けず劣らずとっても元気良く描いていただきました。来年は最優秀獲れればいいね!

%e5%84%aa%e7%a7%80%e8%b3%9eblog

応募件数は年によりばらつきがありますが、各リサイクルセンターの呼びかけもあり、関西一円より応募頂いています。この輪を大切に地域の環境学習の支援を今後も続けていきたいと思います。

2016年11月16日(水) | 本部, 環境教育, 地域交流 | Leave a reply