先生を驚かせる手つきに!

兵庫県下で毎年実施されている職場体験
「トライやるウィーク」

三木リサイクルセンターでは、
今年も神戸市立小部中学校2年生(日替わりで総勢10名)を
4日間(11/7~10)、家・電施設にて受け入れました。

小型家電やパソコンがどのように
処理されているかを説明に耳を傾け、実際に基板を見たり、
家電量販店などで回収された小型家電が
2020年東京オリンピックのメダルをつくる材料に
なっていく話を聞くうちに目がキラキラしてきました。

実際にパソコンを分解する過程の説明後、
エアドライバーを手にする頃には、
そばにいるだけでやる気が感じられるくらいに
変化していきました。

期間中、先生が様子を見に来られた際に、
「もっと覚束ない様子で作業をしているかと思ったら、
ベテランのような手つきに見えるなぁ!」
とビックリされていました。

今年はほぼ2日毎に体験をされる生徒さんが
入れ替わる形での受け入れでしたので、
体験2日目は黙々と作業をこなし、
帰る時には充実した様子が印象的でした。

何でも簡単に手に入ってしまう世の中ですが、
モノの大切さやリサイクルに
興味を持って頂くきっかけになれば嬉しいですね。

小学生環境ポスター その2

大栄環境グループが毎年行っている、
小学生環境ポスターの選考は、
グループとしての選考~表彰のみならず、
各リサイクルセンターでの独自選考~表彰も
行っています。

三木リサイクルセンターでは独自に
『三木事業所長賞』『環境管理責任者賞』
『環境管理事務局賞』を設け、
地域に根ざした環境管理活動を推進しています。

先月は、近隣の三木小学校にお伺いしましたが、
今月は11月6日(月)もう1校の中吉川小学校に伺い、
表彰式に参列させていただきました。
当日は雲一つない青空のもと、
名前を呼ばれた受賞者3名は皆、満面の笑顔でした。

大栄環境グループ努力賞を受賞された山田さんは、
優秀賞候補に最後まで残るほどで、
どうリサイクルできるかが一目見て分かり、
ポスターの趣旨が表現された力作でした。

また、三木事業所長賞を受賞された本岡さんは、
難しい内容にも関わらず、
1年生とは思えない表現が評価されました。

三木事業所環境管理責任者賞を受賞された藤田さんは
細かなところまでしっかり表現された作品でした。

表彰される全校集会に撮影の為、
参加させて頂くだけのはずが、
先月課外授業で来られた4年生の皆さんから
感想文をプレゼントして頂きました。
課外授業の際にお渡ししたプルタブを見た、
他の学年の児童達はその量にビックリしていました。
堆肥については近々老人会の皆さんと
花を植える際に花壇に混ぜ込むと伺いました。

小学生環境ポスターなどを通じ、
これからも地域に根差した環境管理活動にして参ります。
今回応募頂いた児童とその保護者の皆さん、
そして撮影協力を頂きました先生方、
本当にご協力ありがとうございました。

「かけがえのない地球を守るために、何ができるか」

募集していた小学生環境ポスターの結果発表です。

家族との何気ない会話の中で、
子どもたちに環境について
考える機会を持ってほしいという思いから、
2011年度から地元の小学生を対象に
環境ポスターを募集しています。
応募受付は夏休み期間中とし、
最優秀賞・優秀賞・努力賞の受賞者には賞状と記念品授与、
参加者全員に参加賞を贈呈しています。

ことしは応募総数314点。
その中から、厳正な審査を通過し、
最優秀賞と優秀賞をご紹介いたします。

10月31日(火)
最優秀賞を受賞した
紀の川市立東貴志小学校6年生の前さんは
全校朝礼の際に表彰!
新聞記者の方も来られており、
前さん、校長先生、
弊社粉河リサイクルセンター長の樫村と
並んでの受賞撮影となりました。
表彰の後、校長室で記者の方によるインタビュー!
少し緊張気味でしたがハッキリとした受け答えが印象的でした。


グループ最優秀賞 紀の川市立東貴志小学校 6年 前大成さん

なお、最優秀賞に選ばれた作品は、
今後一年間、当グループの全リサイクルセンター内に展示いたします。

また、グループ優秀賞は2点です。

 

 

加えて、このポスター募集は、
大栄環境グループの各リサイクルセンターを通じ、
近隣の小学校に出品を呼びかけるという形をとっており、
各リサイクルセンター賞も発表しています。

その中で、三木リサイクルセンターでは
「三木事業所長賞」「環境管理責任者賞」「環境管理事務局賞」を
設け、3件選出しました。

こちらは、10月16日(月)に三木小学校にて表彰式が執り行われ、
受賞者2名はやや緊張した面持ちでした。

大栄環境グループ努力賞を受賞された蓬莱さんは、
ギリギリまで優秀賞候補に残るほどの力作で
ゴミ箱の中からリサイクル後に希望を馳せる
ペットボトルの笑顔がとても印象的な作品でした。
また、三木事業所環境管理事務局賞を受賞された志原さんの
受賞後の弾けんばかりの笑顔がとても印象的でした。
縦書きの応募条件からは外れていましたが、
2年生が書いたとは思えないくらいの力作で、
特に手の込んだ原っぱの風景と分かりやすいキャッチコピーの作品でした。

また、粉河リサイクルセンターでも「粉河事業所賞」を設定、
粉河小学校4年の澤本真於さんと同4年森下楓さんを表彰させていただきました。

子供たちがたくさん来てくれました

2017年10月24日(火)

津市立高野尾小学校、豊が丘小学校の総勢88名様が
三重リサイクルセンターに社会見学に来られました。

はじめに会議室で3Rの大切さを説明し、
その後三重リサイクルセンターで作られている
リサイクル品についてのクイズに挑戦していただきました。

場内をバスで回った際は、
たくさんの動物のオブジェに
歓声が沸き上がっていました。
出来立てで湯気が出ているRPF(廃プラスチック等で作られた固形燃料)
も興味深かったようで「すごい量!」と
目を丸くして見学されていました。

これからも子ども達に「楽しかった」「また来たい」と
言っていただける見学対応を目指し
創意工夫していきます。

イオンチアーズクラブ見学ツアー

大栄環境グループは、共同で「食品リサイクル事業」取り組んでいることもあって、イオングループさんとはそれ以外でも接点が多くあります。
そのひとつが、イオンさんの近隣店舗を基点にした「イオンチアーズクラブ」の環境学習です。

去る10月14日(土)にもイオンチアーズクラブの子供たち総勢15人と大人達が、三木リサイクルセンターコンポストファクトリーに堆肥の作り方等の見学に来られました。当日はあいにくの空模様でしたが、元気いっぱいな子供たちの歓声が、見学バスの中に響き渡っていました。

子供も大人も説明を熱心に聴き、前処理工程では重機(ホイルローダー)が野菜を投入するとひときわ高い歓声が!!
子供達だけでなく、大人もバスの座席から立ち上がり、子供たちの後ろから身を乗り出して重機(ホイルローダー)の写真を撮ったり歓声を上げたりしていました。

後処理工程の説明中には、大きな振動ふるい機が動いているのを見、反対側のヤードの中にある出来上がり間近の堆肥の山を見、忙しなくキョロキョロしながら、歓声を上げていました。大人の方も子供たちに負けず劣らず、「おお~~」と感嘆の声を上げておられました。

その後、あらかじめ用意していた、搬入したての野菜、破砕・脱水後の残渣、副資材の木くず、堆肥製品の4つをそれぞれバケツに入れたものを間近で見て、匂いを嗅ぎ、触り、と一通り体験もして頂きました。

終始好奇心旺盛な子供達。ニコニコと笑顔を振りまいていただき、私達も笑顔がこぼれていました。

小雨の降る中、たくさんの子供達の笑顔が咲くのを見て、心も新たにこの子供達の未来に色彩豊かな花や野菜が育つよう、その礎となる、誇れる堆肥を作り続けようと思いました。