空港島のひまわり

大栄環境グループの本部近く、神戸空港がある、いわゆる「空港島」。
ここにひまわりがたくさん咲いているポイントがあるのをご存知ですか?

神戸空港から関西国際空港へ向かう高速船「神戸ベイシャトル」
その船着場のすぐ横のスペースです。

ここで昨年夏から神戸新聞社主催の「“みんな”のひまわりハート!プロジェクト」の一環でひまわりの栽培が行われています。

このプロジェクトは、栽培したひまわりから「ひまわり油」を採取して、販売し、その収益を東北や熊本の復興支援に役立てようとする、「被災地」神戸発の取り組みです。

私たちはこのプロジェクトに昨年から参加し、三木リサイクルセンターから「土」、三重リサイクルセンターから「肥料」を提供させていただきました。

昨年、神戸新聞社さんは「土」と「肥料」の確保にずいぶん苦労されており、せっかく掲げた理念を取り下げないといけないかもしれない、という寸前まで行ったのですが、私たちがお手伝いすることでプロジェクトが計画通り進み、それまで以上におつきあいも深まっています。

今年もまた土や肥料の提供をしなければならないのかな?と思っていたのですが、「昨年いただいた土と肥料がとてもよかったのでしょう、大変“肥えた”土地になりました」とのことで、何もせずともご覧のような状態で、「ここ空港島だけでなく、ポートアイランドの他の場所でも栽培しているのですが、ここのひまわりが数段大きく、種も多く獲れるんです」とおっしゃってました。

地元メディアとのおつきあいは、企業としてもとして大変重要ですが、おかげさまで、単に広告主であるというビジネスライクな関係をほんの少し超えたものが築けていると思います。

2017年8月23日(水) | イベント, その他 | Leave a reply

ECO検定アワードで優秀賞をいただきました

2016年11月9日、東京でeco検定アワード2016の表彰式が行われ、三重中央開発株式会社のエコユニット「DINSみえEMP」が優秀賞を受賞しました。

「eco検定アワード」は、他の模範となる環境活動に対し、東京商工会議所が表彰を行うものです。全国の多くの登録団体の中から、三重中央開発の活動が評価され、今回優秀賞を受賞することが出来ました。

表彰式の中では、各受賞者及び関係者の方々に対し、環境活動内容の発表を行わせていただきました。今回活動として発表したのは、全員参加の環境活動である「環境ラリー」と、廃タイヤを利用した太鼓による音楽授業の実施、その他ひだまりの森やクリーンデー等の各種環境管理活動です。

受講者の方々はどなたも真剣な表情で聴いてくださり、発表が終わると大きな拍手をいただきました。

私たちは環境ラリーをはじめ、全員参加の環境管理活動に日々取組んでいます。今回、このような大きな賞を頂き、一人一人の日々の活動が評価されたことを非常に嬉しく感じています。

一人一人の小さな活動も、グループが掲げるブランド価値の創出に強く繋がるものと改めて認識し、これからもより良い活動に全従業員で取り組んでまいります。

eco%e6%a4%9c%e5%ae%9a%e3%82%a2%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%892016%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e5%bc%8f

南海トラフ巨大地震を想定した「津波避難訓練」

10月26日(水)14時03分、南海トラフ巨大地震が発生し、西宮市でも震度6弱の強い揺れが観測され、鳴尾浜沿岸部に高さ4メートルの大津波が90分後から順次到達という想定のもとで、鳴尾浜連絡会が主催する「鳴尾浜産業団地津波避難訓練」が実施されました。

西宮リサイクルセンターの新社屋は「津波発生時における避難場所」として西宮市とも協定を取り交わしており、また鳴尾浜産業団地内の9箇所ある津波避難ビル(鉄筋造3F以上)の一角も担っているため、訓練当日は、近隣の会社に勤めておられる方々数名が避難されて来られ、その際、今回の津波避難訓練に関するアンケートにも御協力いただきました。

今回の訓練は二部構成となっており、第一部は津波避難および負傷者搬送訓練、第二部は兵庫県立総合体育館で鳴尾消防署員による救命救急訓練という内容でありました。

折しも10月21日(金)には鳥取県中部で震度6弱の地震があり、西宮でも大きな揺れを感じた直後の津波避難訓練であっただけに、有事の際の避難経路確認等、前準備の必要性を再認識した訓練となりました。

%e6%b4%a5%e6%b3%a2%e9%81%bf%e9%9b%a3%e3%83%93%e3%83%ab%e8%a1%a8%e7%a4%ba_convert_20161028133256
西宮リサイクルセンターは「津波発生時避難場所」として西宮市と協定を交わしています

%e9%81%bf%e9%9b%a3%e8%80%853f%e5%8f%97%e4%bb%98_convert_20161028133319
近隣の方々も避難されて来られたという想定で・・・

%e8%b2%a0%e5%82%b7%e8%80%85%e6%90%ac%e9%80%81%e8%a8%93%e7%b7%b4_convert_20161028133340
負傷者搬送訓練

%e6%95%91%e5%91%bd%e6%95%91%e6%80%a5%e8%ac%9b%e7%bf%92%ef%bc%88%e7%ac%ac2%e9%83%a8%ef%bc%89_convert_20161028133233
第2部の救命救急訓練(県立総合体育館)

人命救助で感謝状をいただきました

11月18日(月)13:30頃、

三重事業所 溝口乗務員が奈良で走行中、前の車両が池に転落したので、
自分の体にロープを巻きつけ、池に転落した老人2名の人命救助を行いました。
そのことで西和消防組合 消防本部より感謝状が送られました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
信号待ちをしていると、前方から『ドンッ!』という音が聞こえました。
方向的に池しかないので恐る恐る様子を見に行くと車が池に浮いていて、
フロント部分から沈み始めていました。

警察に電話をしましたが、いつ救助に来るか分からない。
車内には放心状態のおじいちゃんと混乱しているおばあちゃんが・・・。
周りを見ると誰もいない、自分が行くしかない!と思い、
作業着から車内に置いてあった合羽に着替え、
ロープをフェンスと自分の体に巻きつけ池に飛び込んだんです。

不幸中の幸いで深さは首元ぐらいでした。野次馬も集まってくる中、無事に救出。
その後、警察と消防がやっと到着しました。

そのまま立ち去ろうとも思いましたが、
のちのち面倒なことになってはかえってご迷惑と思い、
消防にだけ連絡先を伝え、早々に仕事に戻りました。