献血が社会貢献に繋がりますように・・・

5/9(水)和泉リサイクルセンターにて
献血バスに来社して頂き献血活動を実施しました。  
                
今回の献血参加者は36名が参加。

収集運搬車両や通勤等で車を使用している私達として、
交通事故等で多く人が輸血を必要とされることを考え、
献血を通して一人でも多くの方々に役に立ちたいと思います。

今後も献血から社会貢献を行って参りたいと思います。   

防衛省から感謝状をいただきました

大栄環境グループでは、
自衛隊を退官する自衛官を毎年2名位定期採用しています。

その関係で、1月16日(火)本部に、
防衛省自衛隊兵庫地方協力本部部長(1等陸佐)、
同 兵庫地方本部援護課地域援護センター企画班長防衛事務官、
および担当者の3名が来社され、

大栄環境グループ代表取締役社長 金子文雄に感謝状が渡されました。

2018年1月25日(木) | 本部, その他 | Leave a reply

心温まるお手紙をいただきました

大栄環境グループの株式会社摂津では、
兵庫県尼崎市内の「事業系一般廃棄物」の収集を
させていただいておりますが、
先日、収集先の百合学院幼稚園の園児の皆さんから
このようなお手紙をいただきました。

この仕事をしているなかで一番嬉しい瞬間です。
勇気とやる気をいただける手紙に感謝したいと思います。

でも私たちは「せいそうきょく」ではないのですが・・・(苦笑)

空港島のひまわり

大栄環境グループの本部近く、神戸空港がある、いわゆる「空港島」。
ここにひまわりがたくさん咲いているポイントがあるのをご存知ですか?

神戸空港から関西国際空港へ向かう高速船「神戸ベイシャトル」
その船着場のすぐ横のスペースです。

ここで昨年夏から神戸新聞社主催の「“みんな”のひまわりハート!プロジェクト」の一環でひまわりの栽培が行われています。

このプロジェクトは、栽培したひまわりから「ひまわり油」を採取して、販売し、その収益を東北や熊本の復興支援に役立てようとする、「被災地」神戸発の取り組みです。

私たちはこのプロジェクトに昨年から参加し、三木リサイクルセンターから「土」、三重リサイクルセンターから「肥料」を提供させていただきました。

昨年、神戸新聞社さんは「土」と「肥料」の確保にずいぶん苦労されており、せっかく掲げた理念を取り下げないといけないかもしれない、という寸前まで行ったのですが、私たちがお手伝いすることでプロジェクトが計画通り進み、それまで以上におつきあいも深まっています。

今年もまた土や肥料の提供をしなければならないのかな?と思っていたのですが、「昨年いただいた土と肥料がとてもよかったのでしょう、大変“肥えた”土地になりました」とのことで、何もせずともご覧のような状態で、「ここ空港島だけでなく、ポートアイランドの他の場所でも栽培しているのですが、ここのひまわりが数段大きく、種も多く獲れるんです」とおっしゃってました。

地元メディアとのおつきあいは、企業としてもとして大変重要ですが、おかげさまで、単に広告主であるというビジネスライクな関係をほんの少し超えたものが築けていると思います。

2017年8月23日(水) | イベント, その他 | Leave a reply

ECO検定アワードで優秀賞をいただきました

2016年11月9日、東京でeco検定アワード2016の表彰式が行われ、三重中央開発株式会社のエコユニット「DINSみえEMP」が優秀賞を受賞しました。

「eco検定アワード」は、他の模範となる環境活動に対し、東京商工会議所が表彰を行うものです。全国の多くの登録団体の中から、三重中央開発の活動が評価され、今回優秀賞を受賞することが出来ました。

表彰式の中では、各受賞者及び関係者の方々に対し、環境活動内容の発表を行わせていただきました。今回活動として発表したのは、全員参加の環境活動である「環境ラリー」と、廃タイヤを利用した太鼓による音楽授業の実施、その他ひだまりの森やクリーンデー等の各種環境管理活動です。

受講者の方々はどなたも真剣な表情で聴いてくださり、発表が終わると大きな拍手をいただきました。

私たちは環境ラリーをはじめ、全員参加の環境管理活動に日々取組んでいます。今回、このような大きな賞を頂き、一人一人の日々の活動が評価されたことを非常に嬉しく感じています。

一人一人の小さな活動も、グループが掲げるブランド価値の創出に強く繋がるものと改めて認識し、これからもより良い活動に全従業員で取り組んでまいります。

eco%e6%a4%9c%e5%ae%9a%e3%82%a2%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%892016%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e5%bc%8f