バングラデシュ等9カ国から廃棄物処理施設見学

平成29年6月9日(金)

JICA(国際協力機構)を通じ、和泉リサイクルセンターへバングラデシュ・カンボジア・ラオス・ミャンマー・パキスタン・パプアニューギニア・フィリピン・ベトナム・東ティモール9カ国の廃棄物処理業務に携わる行政官・技術者の方々15名が見学に来られました。

午前中の部は、リサイクルセンター事務所での所長による会社や施設の概要説明です。
皆さんは熱心に説明を聞かれ、お昼ぎりぎりまで説明や質問が行われ、その後リサイクルセンターで実際の中間処理施設の現場作業の見学をして頂きました。

午後の部は、平井管理型最終処分場へ案内しました。
平井処分場の水処理施設では鵜飼課員が施設説明をしたのですが、その時対応で鵜飼課員のファンになられたようで鵜飼課員とのツーショット写真の撮影もされていました。外国の方に人気ですね~鵜飼くん!

その後最終処分場の増設工区やメガソーラーを見学し、最後のラベンダーが咲き始めている環境公園の散策していただきました。長時間の見学が少しでも癒されたでしょうか。

見学の内容が各国の産廃廃棄物処理の課題解決や国の発展につながることで、大栄環境グループが国際社会へ貢献できているなら幸いだと思いました。

JICA見学

テクノステージのクリーンデー

平成29年3月3日(金)

和泉市テクノステージでは今年最初のテクノステージークリーンデーが行われ、大栄環境グループとして参加させて頂きました。

和泉リサイクルセンターとクリーンステージからたくさんの人が集まり、近隣企業の方たちと共に昼休みの和泉市テクノステージ一帯のゴミ拾いを行いました。

目に見えるゴミはもちろんのこと、見落としがちな草むらの中や側溝を隅々までチェックし、集まったゴミはゴミ袋数十袋にも及びました。

きれいになったテクノステージでポイ捨てが減れば幸いです。
これからも地域と環境に寄り添う企業活動を続けて参ります。

blogテクノステージクリーンデー_

“たかが10分、されど10分”

和泉リサイクルセンターでは朝の10分間清掃活動を行っております。

この活動は1月より2017年の当センターの取り組みとして始まりました。朝礼後の約10分間、毎日各課より2名ほどが参加して、周辺の歩道や搬入路、側溝の清掃を行っています。

たった10分の活動で最初は事務所周りをきれいにしていたのですが、搬入路や周辺の道路も次第に行えるようになり、今ではリサイクルセンター全体がきれいになっています。

また、環境面でなく実務面でも効果が出ています。毎日2、3本は釘やネジが落ちており、これを運搬車両が踏む事故を未然に防いでいます。さらに、道路を通行する多くの方に見ていただくことで、大栄環境の活動を知ってもらえるのではないかと期待しています。

これからも環境と地域に貢献する「環境創造企業」として活動を行っていきます。 

10分清掃ブログ用

強風の中の清掃活動も、最後はポカポカ

1月14日(土)の10:00より
クリーンステージや和泉リサイクルセンターのすぐ近くにある光明池の清掃活動に参加致しました。

幸い天候は曇りでしたが、真冬の強い風が吹き荒れ、ゴミ回収したものが飛ばされるぐらい強い風でした。そうした中、一時間を経過するとみんなの額には汗が滲むぐらい、真剣に清掃活動に取り組んでいました。

ジョギング中や犬の散歩をしておられた地域住人の方々も寒いのに有難うとねぎらいをいただき、元気も頂戴することができました。

最後には、いずみ環境くらぶの会員様よりあたたかい豚汁をごちそうになり体がポカポカになって帰社しました。

blog-2

和泉市商工まつり

10月22日(土)23日(日)  

和泉市商工まつりへ出店致しました。

和泉リサイクルセンターは、子供向けの出し物としてパターゴルフを出店致しました。
今回ゲームで使用したパターゴルフは、社内の施設保全課が本格的に製作してくれました。
連日とも順番待ちの行列ができるほどの賑わいで、中には何回も並ぶ子供もおり、穴を狙うため何度もチャレンジしていました。
景品を1300個準備しておりましたが、すべて無くなる大盛況で、子供も大人も楽しめるイベントになりました。

環境公園も同日、都市緑化フェアのコーナーで出店しており、環境公園のPRや鉢植や水仙の球根等の販売を行い、ガーデニング等に興味のあるお客様で集まり、賑わいました。

今年は和泉市制施行60周年ということもあり、たくさんの方が来場され、商工まつりへの出店で大栄環境のPRと商工まつりを盛大に盛り上げることに貢献できました。

blog