六甲アイランド サマーフェスティバル

8月26日(土)

大栄環境グループの本部と六甲リサイクルセンターがある、神戸六甲アイランド。ここでは毎年「六甲アイランドシティ サマーフェスティバル」が開かれます。

神戸市東灘区最大の夏祭りは、毎年たくさんのお客様で賑わい、子どもたちによるパーレードや盆踊り大会や模擬店や特設ステージでのコンサートなど盛りだくさんの内容です。

私たちは、やきそば、ステーキ、ベビーカステラ、冷やしパイン、生ビール等を販売し、行列が途絶えないほどの大盛況でした。

なかでも今回はじめて挑戦したベビーカステラは、前日に練習をしたものの、なかなかうまく焼けずどうなることかと心配していましたが、本番は、焼き加減を計るためにストップウォッチを使い、みごとにおいしいカステラを焼きあがりましたよ。

本部・六甲リサイクルセンターとしての地域交流の一環としての催しは、まさしく社員総出!! 来年は何作ろうかなぁ!!

今年もやっぱりゴミ!ゴミ!ゴミの山!

10月13日(木)

六甲アイランド地域振興会主催、恒例のクリーンキャンペーンが行われ、私たち本部と六甲エコプラザも総勢約70名で4班に分かれてゴミ拾いを行いました。

六甲アイランドは土地柄、大型の車両が非常に多く、そういった車両の運転手さんが捨てられるコンビニ弁当の空き箱やペットボトル、空き缶等が大量に捨てられています。
また、完全に不法投棄と思われる様々なものが落ちており、今回特に驚いたのは、車のバンパーと洗濯機です・・・。側道に普通に置いてあります。
また今回振興会からの依頼で、拾った吸殻の数を数えましたが、なんと、3,213本もあり、今日の1時間程の作業では、エリア内のゴミはとうとう拾い切れませんでした。

この活動で落ちているゴミを拾い、一時キレイにはなりますが暫くするとまた同じ。
ゴミを少しでも減らすことが出来る、何か良い対策がないものか・・・
いつかゴミのない町になることを祈りつつ終了しました。

img_3197_convert_20161013173635

img_3228_convert_20161013173715

img_3251_convert_20161013173741

神戸六甲アイランド クリーンキャンペーン

10月8日に、大栄環境グループ本部がある六甲アイランド地域振興会主催 クリーンキャンペーンが行われました。
この催しは六甲アイランドの一斉清掃で、春・秋の年2回開催されています。

今回は過去最多の参加者数、総勢約80名で5班に分かれ、これまでより少し範囲も拡げて、ゴミ拾いを行いました。

道路や歩道には、完全に不法投棄と思われる様々なものが落ちており、毎回と言っていいほど、乗り捨てされた自転車も見つかります。

思った以上の疲労感の中、傍を走っている車両から、『ゴミ拾いご苦労さん!』と声をかけられ、『よし、もうちょっと!』と皆で頑張りました。

今回は、本部・六甲エコだけでなく、他の事業所のメンバーやドライバーさんにも参加していただき、いつも以上に大量のゴミが集められたような気がします。
活動を続けていくに連れ、ゴミが減っていくことを実感出来る日がやってくるのか?!
いつかゴミのない町になることを祈りつつ終了しました。

400-IMG_9906

400-IMG_9919

400-IMG_9954

神戸六甲アイランド クリーンキャンペーンに参加しました。

4月10日(木)
我々の本部がある六甲アイランドで、地域振興会主催 恒例のクリーンキャンペーンが行われました。
このキャンペーンは、六甲アイランドの地域の皆さんが集まって行なわれる一斉清掃で、春・秋の年2回開催されます。

当社からは今回もたくさんのメンバーが参加し、なんと55人!!
今まで行ってきた中で、一番の参加人数となりました。

たばこの吸い殻や空き缶は植え込みに隠されるように捨てられていましたが、参加回数が増えるにつれ、廃棄物の量が少しずつ減っているなと感じています。

今後も地域貢献として活動を継続していきたいと思います。

ワケトンリーダーが施設見学に来られました

12月2日、3日、6日の三日間、神戸市須磨区のワケトンリーダーの方々それぞれ約30名が、六甲エコプラザの容器包装プラスチック中間処理施設の見学にお見えになりました。

ワケトンリーダーとは、クリーンステーションの立ち番での啓発や地域のクリーン作戦など、お住まいの地域でのゴミの減量やまちの美化に取り組んでいただいている皆さんです。
普段から分別やまちの美化に取り組んでいる方々だけあって、容器包装プラスチックに関する説明を大変熱心に聞かれていました。

容器包装プラスチック中間処理が始まり2年半が経過し、われわれ従業員のスキルも向上していますが、同時に市民でいらっしゃる見学者の方々のレベルも向上しています。市民の方々による施設見学件数は、毎年増加傾向にありますが、今後も「おもてなし」の見学対応を心掛けてまいります。