大栄環境グループの社会貢献活動ブログ

粉河事業所の地元交流活動

11月10日(土)

大栄環境株式会社粉河事業所の地元である粉河とんまか商店街で
粉河高校の「KOKO塾まちづくり班のオープンカフェ」が開催され、当事業所が交流をしている「粉河まちづくり塾NPO」も参加、和歌山大学の町おこしで有名な足立教授がコーディネーターを務めるトークセッションで日頃の活動や、
町おこしについての思いを所長の樫村が語りました。

このイベントは粉河町内を活性化させる目的で、今年で11年目になり、
粉河事業所ではフリーマーケットの商品提供や紀北ユネスコ協会に対して
使用済み切手の寄付を実施、粉河高校生による模擬店やコーラス、バンド演奏で大いに盛り上り多くの方と交流もでき、粉河とんまか商店街に活気が戻った一日でした。 

     

神戸市中央区・灘区から一般市民の方々が施設見学に来られました。

11月14日(水)

六甲エコプラザ事業所に、神戸市中央区・灘区の一般市民の方々約40名が、
当事業所の容器包装プラスチック中間処理施設の見学にお越しになり、
事業所長の案内のもと、処理施設の概要や容器包装プラスチックに関する
説明を大変熱心に聞かれていました。 

六甲エコプラザ事業所では、容器包装プラスチックの中間処理が
平成23年4月から開始され今年で2年目となりますが、
熱心に説明に聞き入る市民の方々の姿を見ると、
年々家庭においても分別に対する関心が高まってきている事を感じさせられました。

廃棄物処理施設に初めて入場される市民の方から、
「思ったより埃や臭いもなく、場内も整理整頓されていますね!」と、
お褒めの言葉も頂き、とてもうれしい気持ちになりました。

今後も、市民の方々の期待に添えるように、一丸となって頑張って行こうと思います。

おすすめめコンテンツ