大栄環境グループの社会貢献活動ブログ

奈良ちびっ子野球大会 開会式

大栄環境グループ 三重中央開発(株)が協賛する
『DINS賞「あすなろ杯」争奪奈良ちびっ子野球大会』
回を重ねること13回目の開会式が4月29日に行なわれました。
いつものように弊社常務取締役 大田成幸の挨拶、
京都事業所長 穂苅清二の始球式の後、早速熱戦が繰り広げられ、
ハッスルプレイがたくさんありました。

http://www.youtube.com/watch?v=YWwtkFU1jYk

放射性セシウムでの汚染水を浄化する技術『PB-X』を開発しました

大栄環境グループの三重中央開発株式会社は、放射性セシウムに汚染された水を浄化する新たな技術の開発に成功し、特許化が確定いたしました。
この技術は、浮世絵の時代から使われている紺青の顔料で、かねてよりセシウムの吸着剤として注目を集めていた「プルシアンブルー(PB)」を活用したものです。

汚染水の中でプルシアンブルーを合成し、分子レベルでセシウムを吸着。そこに金属の化合物を入れて、セシウムを吸着した分子を閉じ込めます。
プルシアンブルーを直接、汚染水に投入するよりもセシウムの吸着効率が1000倍以上向上し、これまで1日以上かかった作業が1時間に短縮でき、汚染水中のセシウム濃度も1時間で1万分の1に下げることができます。

今後は実証実験も重ねながら、行政や他の企業と連携して実用化を進め、放射能による汚染水処理で社会貢献に結び付けたいと考えています。


(写真は、4月24日三重中央開発株式会社での記者発表の様子です)

六甲アイランド クリーンキャンペーン

4月11日(木)朝、
大栄環境本部および六甲エコプラザがある六甲アイランドで、
島内一斉清掃が実施されました。
少し肌寒い日でしたが、よく晴れたクリーンキャンペーン日和となりました。
島内の他企業の社員さんもたくさん参加され、
お互い気持ちの良い挨拶を交わしながら、清掃作業を行ないました。

当社は新入社員の29名を含めた69名が参加し、
30分ほどで広い範囲の清掃を行うことができましたが、
中には植え込みに顔を突っ込んでゴミを探す猛者も・・・

最後は神戸市のゴミ分別のキャラクター「ワケトン」ののぼりが待ち受ける集積場に・・・。
前回のキャンペーンにも参加したメンバーからは、
落ちているごみが減っていたとのことなので、
活動の成果も出ているのかな?と、うれしく思います。

おすすめめコンテンツ