大栄環境グループの社会貢献活動ブログ

人命救助で感謝状をいただきました

11月18日(月)13:30頃、

三重事業所 溝口乗務員が奈良で走行中、前の車両が池に転落したので、
自分の体にロープを巻きつけ、池に転落した老人2名の人命救助を行いました。
そのことで西和消防組合 消防本部より感謝状が送られました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
信号待ちをしていると、前方から『ドンッ!』という音が聞こえました。
方向的に池しかないので恐る恐る様子を見に行くと車が池に浮いていて、
フロント部分から沈み始めていました。

警察に電話をしましたが、いつ救助に来るか分からない。
車内には放心状態のおじいちゃんと混乱しているおばあちゃんが・・・。
周りを見ると誰もいない、自分が行くしかない!と思い、
作業着から車内に置いてあった合羽に着替え、
ロープをフェンスと自分の体に巻きつけ池に飛び込んだんです。

不幸中の幸いで深さは首元ぐらいでした。野次馬も集まってくる中、無事に救出。
その後、警察と消防がやっと到着しました。

そのまま立ち去ろうとも思いましたが、
のちのち面倒なことになってはかえってご迷惑と思い、
消防にだけ連絡先を伝え、早々に仕事に戻りました。

小学生 環境ポスター、表彰式!

今年で3年目を迎える「小学生環境ポスター」の募集

大栄環境グループの本部や各事業所近隣の小学校への「環境学習支援活動」の一環です。

今年のテーマは「小型家電」
小型家電ってなあに?と親子で会話しながら環境に関心を高めてもらうことが目的です。

応募総数138名の中から、金・銀・銅各1名と努力賞10名が選ばれました。

写真は、
「金賞」の和泉市立緑ヶ丘小学校 中道 咲空さん、
「銀賞」の 同 池田 莉里花さん、
「銅賞」の和泉市立青葉はつが野小学校 藤谷 春花さんです。

3人とも緊張してますね。
「銅賞」の春花ちゃんはご本人もさることながら、
後ろで見守るお友達のちょっと心配そうな表情もとってもかわいいです。


和泉市立緑ヶ丘小学校 「金賞」中道 咲空さん(左)と「銀賞」池田 莉里花さん(右)


和泉市立青葉はつが野小学校 「銅賞」藤谷 春花さん


「金賞」中道 咲空さん


「銀賞」池田 莉里花さん


「銅賞」藤谷 春花さん

2013年11月27日(水) | 本部, 環境教育 | Leave a reply

元気いっぱいの小学校の皆さんがバイオエタノールのお勉強にこられました

11/21(木)

大変元気な上越教育大学付属小学校6年生39名が来所されました!

「総合学習で年間230時間、エネルギーについての勉強」の一環との事であり、バイオエタノールについての勉強をしに来られました。人数が多いので、会議室で講義、のちバス内からのバイオエタノール事業所車窓見学というメニューです。

事業所のエレベーターを降りるなり、大きな声で「こんにちはー!!」という洗礼…。ちょっと小学生の元気に圧倒されつつ、施設見学開始!

DVD、パワーポイントでの事業説明は、ちょっと小学生には難しかったらしく、一時的に、沈黙となってしまいましたが、説明担当者がそんなこともあろうかと用意した、化石マイコレクション(!?)を用いての、化石燃料形成の話に至っては、小学生、元気復活!!!

分かりやすいほど、目がキラキラ輝いていました(笑)
何人か、積極的に質問してくる子も!
私も仕事を忘れて、思わず聞き入ってしまいました(笑)

2013年11月25日(月) | DINS堺, 施設見学 | Leave a reply

老人クラブグラウンドゴルフ大会に協賛しています

天候が心配される中、毎年恒例行事の『当尾老人クラブグラウンドゴルフ大会』が11月18日に開催され、来賓として出席させて頂きました。

この当尾老人クラブへの協賛は、長年させて頂いていることもあり、地元の方々からも『いつもお世話になってます。ありがとう。』と笑顔で声を掛けて頂いたり、私が写真を撮っていると『その写真頂戴。(笑)』と可愛らしいお婆ちゃんに声を掛けられたり和やかな雰囲気の行事となりました。

兵庫県 「トライやる・ウィーク」 

11月12~14日(火~木)

兵庫県では中学生の体験活動週間「トライやる・ウィーク」が開始され、三木事業所は今年も受け入れをさせていただきました。

活動内容は廃OA施設での電子機器の手分解作業を体験してもらいました。

パソコンなどの電子機器が身近になっている今、役目を終えた後はどのようになるのか、どのようにリサイクルされるのかを実体験と共に知ってもらう良い機会になったと思います。

作業を終えた後の中学生達は、慣れない作業での疲労の表情の中にも充実感が見られ、働くということについても少し分かってもらえたように感じました。

おすすめめコンテンツ