大栄環境グループの社会貢献活動ブログ

キッズISO14000 出前授業!!

10月8日と16日の二日間、CSR活動の一環として、伊賀市立 成和西小学校で「キッズISO14000」の出前授業を行いました。

キッズISOは三重県が推進しているプログラムです。子ども達がお家のリーダーになり、周辺の環境や身近な自然を守るための活動に取り組むという内容です。

今回は5年生15名が対象です。「博士と助手」の格好も子ども達には大うけで、すぐに打ち解けてもらうことが出来ました。

初日は分別ゲームや環境クイズで興味を持ってもらい、家庭の環境影響を調べる方法を学びます。二回目の授業では、調べた環境影響をより良くするための作戦をみんなで考えました。どの子も熱心で、授業はとても良い雰囲気で進めることが出来ました。

学校を訪問した際、廊下ですれ違った小学生から「あっ!久しぶり!」と声をかけてくれる場面も。なんと去年、花垣小学校でキッズISOを教えた男の子でした。

実は成和西小学校は花垣小学校と花ノ木小学校が統合し、今年4月からスタートした学校なのです。1年前に数回あっただけの私たちを覚えていてくれたこと、素晴らしい笑顔で話しかけて来てくれたことに心温まりました。

授業でも「三重中央開発って会社知ってるで!」「わたし感謝祭行ったよー!」と言ってくれる子も多く、嬉しい気持ちと同時に地域の方々から見られていることを実感しました。

授業を受けた子ども達は、将来環境問題に積極的に取り組むような人材になるかも知れません。そしてその子が自分の子に、またその子どもが自分の家族や子どもに意思を伝え、いつか無限の樹形図のように大きな環境活動に繋がればいいなぁ。

blog_convert_20151029175838

たくさんの市民や子供たちが来てくれました

10月20日(火)

東大阪市役所から見学にこられました。

一日につき大型バス3台で約120名の人数で10月19日、20日、22日の3日にわけて来られる計360名の大型の団体見学です。

見学に来られたお客様は、「東大阪市地域ごみ減量推進協議会」の皆さまです。

まず環境公園の見学では、ちょうどコスモスがキレイに咲いており、花をバックに記念撮影を行い環境公園の雰囲気を楽しまれました。

続いて平井処分場のメガソーラーを見学されました。
展望台にのぼりソーラーパネルの数の多さに感心されたり、発電した電力はどうなっているのか、など積極的に質問されるお客様もいらして、環境に対して勉強熱心な人ばかりでした。

400-東大阪市

当日、環境公園で東大阪市役所の見学と同じ時間に、近隣の南池田小学校の児童が校外学習で来園されていました。

小さな児童たちが環境公園までの坂道を環境公園のスタッフと一緒に頑張って歩いてきました。到着後班ごと分かれて順番に球根のお買い物をして帰りました。

東大阪市役所の見学のお客様と小学生の児童で環境公園は賑やかな一日になりました。

400-南池田小学校

和泉商工まつりたくさんの方に来て頂けました

10月24日(土)・25日(日)

今年も和泉市の和泉商工まつりに和泉リサイクルセンター・環境公園が出店しました。

両日とも秋晴れの良い天気で絶好のイベント日和となりました。今年の和泉リサイクルセンターは、うちわづくりとサイコロゲームで出店しました。

サイコロゲームはサイコロを投げて出た目のよって景品がもらえるというゲームです。当たりの目玉商品は、ねぎぼーずのたまねぎを進呈しました。子供連れの主婦の方にはたまねぎは大変人気です。景品のお菓子が当たるのが人気で行列ができるほどの大盛況でした。

blog1_convert_20151027110946

エコうちわづくりは、白紙のうちわシールに好きな絵やシールを貼って自分だけのオリジナルうちわをつくってもらうコーナーです。子供達はアンパンマンなどのキャラクターの絵をかいたり、ハロウィンの絵を貼ったりしてのびのびと作り、うちわづくりを楽しんでいました。来年もうちわを作りたいといってくれる子供もいて良かったと思います。

環境公園は、緑化フェアのコーナーで出店し、パネルを展示して環境公園のPRやチューリップの球根、ラベンダーのポプリ、その他花の苗などを販売しました。ガーデニングに興味があるお客様で賑わいました。

blog2_convert_20151027111050

紀の川スマートファーム 収穫・研究勉強会に参加しました

平成27年10月24日(土) 

粉河事業所が参加する紀の川スマートファーム協議会主催の収穫・研究勉強会に参加しました。

イモ類を燃料とした電力自給の実証実験と地域の方との交流をはかるこの事業も2年目となり、今年は「水耕栽培」に取り組みました。

植付けから、草刈りなどの管理を経て、やっと収穫する日を迎えました。

参加者にふるまう焼き芋をもみ殻をいぶして作るのですが、これがかなり大変な作業で、開始2時間前から、煙にまかれ火をおこすも、なかなか着火せず、「もしかして生焼けかも?」と不安でしたが、出来上がった焼き芋はほくほくで、参加者のおいしい!甘い!の笑顔を見て、うれしくなりました。

収穫の後は、この研究の推進者でもある 近畿大学・鈴木高広教授に、栽培から発電までの過程や、福島県での実証実験の取り組みを説明していただきました。

地域の方々との交流がはかれただけでなく、産業廃棄物処理業に携わる私たちも未来エネルギーについて考える機会となり、大きな収穫となる一日となりました。

400-blog

三重県森林CO2吸収量評価認証取得

平成27年10月24日(土)

三重県鈴鹿青少年センターにおいて、三重県森林CO2吸収量評価認証書交付式が行われ、三重県知事鈴木英敬様から、弊社専務取締役 井上 吉一が認証書の交付を受けました。

平成27年度の三重中央開発㈱の認証交付は(4.9 CO2 t/年)で当社を含め5社が認証交付を受けました。

企業の森活動は今年で丸7年を経過し、現在は森の中に木漏れ日が差し込む素晴らしい森になっております。

今後も三重県の森林環境保全の一端を担い、地球環境保全や地域環境保全に貢献していきたいと思います。

400-blog

おすすめめコンテンツ