大栄環境グループの社会貢献活動ブログ

ホントにゴミ? ゴミからお宝発見! リサイクルツアーに出かけよう

8月23日(水)

小学生とその保護者40名対象の北播磨県民局主催リサイクルツアーを開催しました。

午前中は三木リサイクルセンターを見学するバスツアー、午後からはリサイクル体験を行いました。

バスツアーでは、場内の説明に耳を傾けて頂きながら、動物オブジェや重機に描かれた動物を探すバスツアークイズを実施。
最初に見つけた堆肥化施設前のパンダの大きさにテンションが上がった子供達。その後の動物探しで大はしゃぎでした。
リサイクルセンターの説明は子供たちにとって少し難しかったようですが、逆に保護者の方は興味深々でした。家・電施設でのみ降車して施設の見学を行いました。
今年はパソコン手分解の様子を見る事が出来たため、子供達以上に同行されていた大人たちが見入っておられました。

午後のリサイクル体験では、昨年に引き続き水質浄化実験として絵具で色を付けた水を薬品を使う事で綺麗になる実験をしました。
会議室横の和室にセットしていた為、ふすまを開けると「おぉぉぉぉぉ」と言いながら身を乗り出す子供達が多数。
時間内に結果は出ませんでしたが、解散間際にはある程度結果が出て子供達からの拍手を頂きました。
また、ソーラー充電を活用したエコライトの作成をしましたが、みんな夢中になって作っていました。
シールや油性ペンで思い思いの作品に仕上がり、満面の笑顔でした。
同行されていた県民局の方も夢中になっておられたくらいでした。

最後に、今日の環境学習を通じて物を大切にする事や食べ残したりしない事なども結果としてはリサイクルになる事を子供達に伝えました。
長時間ではありましたが、楽しんでいただけたのではと思っています。

リサイクルツアー2_convert_20160829122042

三木かんきょうフェスティバル 環境絵画コンクール表彰式

6月に開催された「第2回 三木かんきょうフェスティバル」の催しの一つである環境絵画コンクールの表彰式が、このたび実施されました。

事前の選考会では、それぞれの子供たちが一生懸命描いてくれているのが選考している私たちにすごく伝わってきて、本当に難しい選考会となりました。
そんな中で見事に選ばれた「DINS賞 8点」・「イオン農場賞 8点」の表彰対象者にお集まりいただいて、表彰式を実施しました。

表彰式では、三木リサイクルセンター副所長の松本、イオンアグリ創造の福永社長から表彰をさせていただきましたが、少し緊張気味の子ども達も表彰状を受け取った時には笑顔を見せてくれて、こちらもうれしい気分になりました。

IMG_1793_convert_20160829102345

IMG_1837_convert_20160829102416

IMG_1941_convert_20160829102434

DINS賞8点_convert_20160829102517

イオン農場賞8点_convert_20160829102457

21時からが私たちの仕事です

7月30日(土)、木津川市夏まつりが開催されました。

日が暮れても30度を超える蒸し熱い中でしたが、さすがは木津川市最大のイベント。
たくさんの方が来場され、賑わいを見せていました。
このお祭りは私たち京都リサイクルセンターも協賛させていただいております。

20時からはこの日のメインイベント、約3,000発の花火が夜空に舞い、来場された方を魅了しました。

上

21時、ここからが私たちのお仕事です!
静まりかえった会場にはこのイベントで出た大量のごみが・・・。
会場に設けられたごみ箱からコンテナへ、ごみを移し変える作業で汗を拭いながらも一生懸命積込を行いました。

下

翌日は、早朝から会場跡のごみ拾いを行いました。
イベント関係者やボーイスカウトの子供たちと協力しながらごみを回収し、すっかり元のグラウンドに元通り!

私たちはよく地元の祭りに出店をさせていただきますが、こうしたイベントに呼んでいただけるのは私たちの業務に対する地域の方のご理解が着実に深まってきている証であると感じております。

今後も地元のイベント等に積極的に参加し、そのご理解がもっと進んでくれればと思います

和泉市長が視察に来られました。

7/28(木) 和泉市 辻 宏康 市長が、和泉リサイクルセンターへ視察に来られました。

和泉市の産業振興施策参考のため、テクノステージ和泉まちづくり協議会の会員企業の操業環境の現状や課題の把握を目的に来社されました。

当日は全体朝礼から視察されラジオ体操にも参加して頂き、全体朝礼でご挨拶を頂きました。

朝礼後事務所にて大栄環境の会社概要をビデオ等で説明させて頂き、その後、和泉リサイクルセンターを視察され見学窓からセンター内の様子をご覧になられました。

和泉市の産業発展に寄与できるよう和泉市の事業所として、今後も市への協力を行って参ります。
blog

おすすめめコンテンツ