大栄環境グループの社会貢献活動ブログ

「クリーンリバー寝屋川作戦・春」に参加しました

5/28(日)

寝屋川市主催の「クリーンリバー寝屋川作戦・春」に、リサイクル・アンド・イコールより5名参加致しました。

今回の清掃地点は、JR東西線星田駅近くの「たち川」周辺会場に参加し、たち川の土手や川の中の清掃となりました。
たち川周辺の住民の方々やたち川の前に建つ老健施設の職員さん達を含め、おおよそ、30名ほどの参加となりました。

当日は天気にも恵まれ、8:30受付の9:00清掃開始にて約30分ほどの短時間ではありましたが、30名ほどの人数で
あっという間に清掃を終えることができました。

昨年5月の同清掃行事では、8:30に現地到着した時、地元の方々が早朝から既に清掃を行われていて、ほとんど終了してしまっていた経験がありましたので、今回私たちメンバー5名は7:30頃に現地へ到着し、ゴミ拾い等を行いました。

また、たち川周辺の大谷自治会長様や、寝屋川市担当部署の方と当社のお話しなどコミュニケーションが取れました。

日頃、地域の方々と接する機会が少ないため、こういった活動に積極的に参加し、地域に根付く企業として認識して頂けるよう、今後も継続していきます。

クリーンリバー寝屋川作戦_春

”芋エネルギーが開く未来の扉 栽培から発電までの体験”(紀の川スマートファーム交流事業)

5月23日(火)
今年もスマートファームの交流事業がスタートしました。

昨年まで使っていた畑が使えなくなった為、新しい場所で地権者の方も事業に参加しての作業で、6月3日に実施する親子での芋植え付けの準備を、近畿大学生物理工学部の鈴木教授及び近大学生との共同作業で行いました。

昨年は、同じ水耕栽培でも植木鉢が完全に水につかる方法で、芋の収穫量はおもわしくなく、今年は実験データによる方法「半水耕法」で栽培することになりました。

大栄環境で提供したジュリプラスが大活躍!ポット1000個を栽培する予定です。

スマートファーム2017

日本キャタピラー様の海外スタッフが来られました。

平成29年4月27日(木)

 日本キャタピラー様の合同会議が神戸で行われ、オーストラリア・シンガポール等西日本スタッフ合わせて10名が私たち三木リサイクルセンターの処分場を中心とした見学に来られました。
 海外からの皆様は廃棄物担当の方で特に、最終処分場へ重機を提供しメンテナンスも含み、指導されている方々です。

 非常に日本の処分場に興味があり、諸外国との違いを知りたかったようです。
 非常に笑顔が素敵な皆さんで、特に処分場の展望台では、「においが無いのはなぜですか?」との意見が出ていました。
これに対して、「廃棄物維持管理の徹底が臭気等を抑えていくことが可能であり、我々の技術が向上している結果です。」と、回答しました。
 諸外国は有機性(一廃・産廃)の混合埋立覆土関連は、ほぼない状況と言われていました。
「ワンダフル!」との声が出てました。

 場内を色々見学したのち、最後に大栄環境が初めて購入した当時日本に3台しかなかった(下地現会長が乗っていた)CAT826コンパクターの展示しているところで、写真も撮り、歓談の花が咲きました。
当時の機械を展示してくれていることに感謝されていました。

 最後に先方からも、色々なご意見及び提案事を出してくださいとおっしゃいました。短い時間でしたが意見交換が出来たのが良かったです。

CAT処分場見学H29.4.

五月晴れの下、ゴールデンウィーク明けのお掃除です

5月8日(月)

テクノステージ公園の清掃活動に参加しました。

気持ちのいい五月晴れがつづいており本日も絶好のコンディションでしたが、やや夏の気配も伺えることもあり、日中は汗ばむほどの陽気となり、夏の近いことを実感する季節になりました。

さて、今回はなんと各テクノステージ企業から大勢の参加者が集い、清掃活動に参加され美化推進に励まれておりました。

特にGWが終了したこともありBBQ跡の炭が大量に放置され、みなさんも片付けに悪戦苦闘しながらの活動となりましたが、今回の参加人数は50名近く参加している事もあり、あっという間にゴミのない美しい公園となりました。

今後も地域美化活動には積極的に参加し大きく貢献できるよう努力していきたいと思います。

テクノステージ清掃活動

おすすめめコンテンツ