大栄環境グループの社会貢献活動ブログ

カテゴリー別

紀の川スマートファーム交流事業 ”芋エネルギーが開く未来の扉 栽培から発電までの体験 植え付け編”

近畿大学生物理工学部や大栄環境株式会社が参加する、
「紀の川スマートファーム協議会」
イモ類を燃料とした発電実験などを通して、
電力の自給や消費者との交流事業に取り組んでいます。
近畿大学生物理工学部 教授 鈴木高広が監修する
新たなサツマイモの栽培技術「畑で行うサツマイモの水耕栽培」
の実用化試験に取り組んでおり、
紀の川市民を対象としたサツマイモの収穫・研究勉強会を
定期的に行なっています。

5月22日、昨年より2週間早く時折涼しい風が吹く中、
「イモが地球を救う!!」を合言葉に、
実験農場でのさつまいも植え付け作業を行ないました。
近畿大学生物理工学部の学生と教授16名、
紀の川スマートファーム協議会メンバー7名と共に、
粉河リサイクルセンターからも裏方として参加しました。

まずはポットに土を入れ、そこに苗を差し込み、そして並べる。
単調なような作業ですが、かなりの量を作るとあって
学生諸君もへとへとになっていました。

毎年、成果は収穫として現れるのですが、
昨年は台風と長雨の影響もあり、
又、粘土質の田圃の土は水はけが悪く凶作となってしまいました。
それを改善すべく、今回は近畿大学の鈴木教授の依頼で
大栄環境グループのリサイクル製品「エムワンコール(土壌改良剤)」を使用したり、「ジュリプラス(廃プラスチックリサイクル製品)」も架台として大活躍。

今年こそはたくさん収穫し、
集まったちびっこのお腹を満たすことが出来るでしょうか。
今から秋が待ち遠しく感じられます。




「クリーンリバー寝屋川作戦・春」に参加しました

5/27(日)AM、
大阪府寝屋川市内の河川沿い清掃活動
「クリーンリバー寝屋川作戦・春」へ、
大栄環境グループの株式会社リサイクル・アンド・イコール
(以下、R&E)より、5名が参加しました。
会場は、京阪電車 寝屋川市駅前でした。

運営事務局によると、
この河川清掃活動は平成12年から始めており、今回で19年目。
発足当初は数十名程度の有志のみでしたが、
当時は川に自転車や家電製品などの不法投棄もあり、
見るも無残な川でしたが、年々参加者が増え、市民の意識も向上し、
「川の街 寝屋川」にふさわしい河川に改善することに繋がっているとのこと。

今回の主な参加団体は、大阪府・寝屋川市の職員、大阪府の職員、
地元の西寝屋川高校、電気通信大学の学生、
企業他のメンバーが参加され、
同会場のみで総勢159名の参加となりました。

作業前の開会挨拶では、参加団体の内から無作為に当てられ、
R&Eの中村所長が参加の御礼や寝屋川のブランド構築に貢献していく、
といったコメントを紹介でき、一つのアピールにつながったと思います。

当日は天気にも恵まれ、8:30受付の9:00清掃開始にて
約1時間30分ほどの間で、川周辺の草刈や清掃作業を行いました。

第18回DINS賞「あすなろ杯」争奪ちびっ子野球大会

大栄環境グループが毎年バックアップをさせていただいている、
第18回DINS賞「あすなろ杯」争奪ちびっ子野球大会が
生駒市北大和球技場(奈良県)で開催されました。

ゴールデンウィークの4月29日に20チームで予選リーグがスタートし、
5月4日準々決勝、そして5月20日に決勝トーナメントが行われました。

そして、Aゾーンはプレーオフの末「田辺東クラブ」が、
Bゾーンは「いずみクラブ」が優勝の栄冠を手にしました。

主催者である大栄環境グループ常務取締役の大田からは、
「ご両親・監督色々な方々の支えがあって
 野球が出来るこのすばらしい環境を大事にし
 感謝の気持ちを忘れないでくださいね。」
とご挨拶をさせていただきました。

三重中央開発第4回ふれあい感謝祭

5月13日(日)三重リサイクルセンターにて、
「三重中央開発第4回ふれあい感謝祭」が開催されました!

来場者数は雨天にも関わらず2,276名!
晴天時に劣らない来場者数となりました!

当日は、朝からパラパラと雨が降ったりやんだりを繰り返し、
午後にはザーザー降りとなってしまいましたが、
そんな天気の中でも楽しみに来て下さるお客様方に
誠心誠意をこめてスタッフ一同対応をさせて頂きました。

バラエティー豊かなステージ!
伊賀FCくノ一の選手と子供たちが熱い対決をしたキックターゲット!
さまざまな地元グルメの屋台!

また今回、力を入れた「てくてくツアー」では
お客様に処分場の見学や水処理の実験教室、
小型破砕機の実演を通じて、
廃棄物処理を身近に感じて頂けたのではないかと思います。

ステージ上での当社PRとして従業員で作り上げたDINSマン劇場は
豪雨のタイミングと重なってしまい、
開始前の客席にはお客様がいませんでしたが、
劇場メンバーの熱意ある演技のおかげで
だんだんお客様が興味を持って客席が埋まっていく様子が
印象的でした。

地元役員の方々をはじめ、多くのお客様から労いのお言葉を頂き、
スタッフ一同、ずぶ濡れになりながら頑張った甲斐がありました。
今後も色々な事を通じて
地域とのふれあいを行っていきたいと思います!

五月川漁業協同組合主催の清掃イベントに参加

平成30年5月12日(土)
五月川漁業協同組合主催の清掃活動イベントが行われ、
三重リサイクルセンターから11名が参加しました。

センター近隣の治田川の環境維持の為、
河川のゴミ拾いを行ない約3㎥のゴミを回収しました。
また、流木等も除去を行い、
河川の生息動植物に対し重要な環境保全活動を行いました。

地元の方々から
 「毎回、参加頂きありがとう、非常に助かります、
  今後ともよろしくお願いします。」
とのご声も頂きました。

地域と非常に良い関係になっている事を実感し、
日々の業務にも励みたいと思います。

おすすめめコンテンツ