大栄環境グループの社会貢献活動ブログ

木津川河川敷清掃活動に参加して思ったこと・・・。

5月19日(月)

初夏の眩しい日差しの中、木津川河川敷の清掃活動に参加しました。
河川敷にはバーベキューの後に放置されたと思われるペットボトル・缶・ビン類や割り箸等の他に廃タイヤや壊れた傘なども捨てられていました。また、堤防付近には堤防横を走るドライバーがポイ捨てしたと思われる吸い殻・空き缶が多数見られました。

事業所周辺の清掃活動をしていても感じることですが、なぜ山に川に道路にゴミを捨てるのでしょうか?回収したその一時はなくなりますが、またすぐに捨てられます。なにがそうさせるのでしょうか?

当社の各事業所では、地域のこうした各種清掃行事に参加することで、その場所からゴミを無くすことに力を尽くしておりますが、さらにこのようにブログで情報を発信することで、不法投棄が少しでも低減されればと考えております。

美しい自然を未来に残すため、今後も積極的に地域の美化清掃活動に参加したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※スパム対策のため、日本語を含まない投稿は反映されませんのでご注意ください。

▲このページの先頭へ戻る

おすすめめコンテンツ