カテゴリー別

地元小学校の子供たちが「ねぎぼ~ず」を見学

平成26年11月12日(水)

三重リサイクルセンターの地元予野地区にある花垣小学校の児童6名と先生1名が「農事組合法人ねぎぼ~ず」の施設見学に来られ、玉ねぎの保管、選別、加工、出荷までの過程と、農場での育苗ハウスや玉ねぎ苗の植付を終了した畑の見学を行い、学習されました。

「農事組合法人ねぎぼ~ず」は、地域との連携事業として平成8年に設立され、地元食品工場から排出される食品残渣などの有機性廃棄物を原料とした有機肥料を用い、玉ねぎを生産しています。

玉ねぎの加工室へ入った時には、剥き玉ねぎの臭いにより目が痛いと言っていた子も「一日この中で作業するのは大変だね、すごいね」と感心していました。
玉ねぎを剥く作業などを全く知らない子たちは、見るもの聞くもの全てが新鮮で、多くの質問を手を上げて聞いてくれました。

見学が終わると、全員で「ありがとうございました」とお礼を頂き、「また来たい」「楽しかった」と笑顔で帰っていきました。

花垣小学校は平成27年3月31日をもって閉校されます。

他の学校と統合されるのでしょうが、新しいお友達とまた来てね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲このページの先頭へ戻る

おすすめめコンテンツ