大栄環境グループの社会貢献活動ブログ

「とんど焼き」ってご存知ですか?

1月14日(水)
三木事業所の地元槇地区の「とんど焼き」が行われ、参加してきました。

「とんど焼き」は地域によって様々な呼び方がありますが、小正月に正月飾りや書き初めなどを持ち寄り一箇所に積み上げて燃やすという日本全国に伝わるお正月の火祭り行事です。とんど焼きの火にあたったり、焼いた餅などを食べれば、その一年間健康でいられるなどの言い伝えもあります。

さて、今年は例年と異なる場所で実施したため、テントは当社が、とんどは地元の方々が準備を進めました。一昔前はそれぞれの家で行われていた行事ですが、写真の通り竹を組み合わせた大掛かりな準備のため地区全体で行うようになったそうです。これも高齢化の影響でしょうか?

燃やした書き初めが灰となり高く舞い上がると「これでさらに字が上手になるわ~」と年配の方々から歓声が上がりました。その後、家族の健康の為に焼いた餅を手に参加されたみなさんは家路につかれました。


(書初めの灰が高く上がれば上がるほど、字が上手になるそうですね)


(冷えた体をぜんざいで温めつつ竹が灰になるのを待ちます)


(とんどの後で焼いたお餅を食べると一年間健康で過ごせます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※スパム対策のため、日本語を含まない投稿は反映されませんのでご注意ください。

▲このページの先頭へ戻る

おすすめめコンテンツ