大栄環境グループの社会貢献活動ブログ

トライやる・ウィーク実施しました!

11月9日~11日 

今年も3日間に渡り、神戸市立小部中学校2年生の生徒15名を三木リサイクルセンターにて受け入れました。職場体験として、家・電施設での電子機器の手分解作業を担当してもらいました。

私たちは、事前に学校側から届いた参加生徒の顔写真入りプロフィールと体験に対する意気込みを事前に熟読し、生徒達に体験してもらいたい事また知ってほしい事について、作業をする前の施設説明でしっかり伝えました。

実際に回収される銅片を手に取り「重っ!」「サラサラしてる」とアチコチから声があがりました。また、実際に作業説明を受けている時には「おっちゃん凄い!」「カッコイイ」と小さなつぶやきを拾いました。

パソコンなどの電子機器が役目を終えた後はどのようになるのか、またどのようにリサイクルされるのかを実際に体験して知ってもらう良い機会になったと思います。
作業を終えた後の生徒達は、慣れない作業での疲労の表情の中にも充実感が見られ、働くという事についても少し分かってもらえたように感じました。
現場で指導した社員も「本当に手際が良くて安心して作業が任せられた」「こっちが元気もらえた」との感想でした。

社会貢献に繋がるこの取り組みを今後も継続して携わっていきたいと考えています。

※トライやる・ウィークは、
 兵庫県が、中学生に働く場を見せて学習させようとする趣旨から、
 県内の中学2年生を対象として1998年度から実施されている職場体験
 です。

blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※スパム対策のため、日本語を含まない投稿は反映されませんのでご注意ください。

▲このページの先頭へ戻る

おすすめめコンテンツ