大栄環境グループの社会貢献活動ブログ

高齢者大学大学院から家電施設研修に来られました

平成27年11月30日(月)

近隣の三木市高齢者大学大学院の8名(うち女性3名)がグループ学習の一環でリサイクルについて学ぶために研修に来られました。

初めに、事務所にて三木リサイクルセンターのビデオを見ていただき、リサイクル施設での作業注意事項などをご説明。その後移動し、家電施設の説明後、2階の作業現場にてパソコン分解を手順通りに説明を受け作業となりました。

説明の合間には非常に質問事項が多く出て、皆様真剣に担当者の説明を食い入るように聞いておられました。パソコン分解については、初め少し戸惑いもおありのようでしたが、一台目を終わるころには要領が掴めたようで、皆様楽しく作業をされていました。

終了後には、「非常に勉強になり楽しく過ごすことが出来ました」との意見が多く、他にも「我々高齢者大学は今後どのような形でリサイクルを啓蒙することが出来るか、また大栄環境のようなプロに対して、一般の我々が出来る事は何がありますか」との質問がでて、今回の実習を機に活動をしていきたいとたくさんの意見を頂戴しました。

70歳を超えて益々盛んだなと思い、我々も負けないくらいに頑張らなくてはと感じました。
お帰りの際には、「勉強になりました。そしてまた機会があればこのような研修をお願いします」とおっしゃられていました。

この後、高齢者大学の研修成果をレポートにして三木市で来年発表されるとのこと。少しでも、各地域の方々に三木リサイクルセンターの活動を認識して頂けたのが大きな成果だと思いました。

blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※スパム対策のため、日本語を含まない投稿は反映されませんのでご注意ください。

▲このページの先頭へ戻る

おすすめめコンテンツ