大栄環境グループの社会貢献活動ブログ

三木市高齢者大学院の皆さんが和泉リサイクルセンターを見学されました

2月6日(土)

三木市高齢者大学院の方々は、一昨年からの廃棄物については非常に興味を持っておられて、三木リサイクルセンターでのパソコン解体実習等精力的に取り組んで作業をして頂きましたが、今回、大栄環境の発祥の地である、和泉リサイクルセンターで最終処分場の跡地利用の状況視察を行って廃棄物が埋められた後の、公園・メガソーラ―等見学していただきました。

和泉リサイクルセンターでは、ビデオを用いて中間処理場の説明をしたところ、皆さん熱心に聴き、質問も出ていました。その後、メガソーラ―では、ソーラーの建設から運用管理までの細かい説明に、非常に素晴らしいと感激しておられました。

環境公園では、花についてはこれからの時期ですが、しだれ梅等つぼみがたくさんついていて皆さんなごんでいた様に思います。最終処分場の跡地利用として、埋立開始から閉鎖後公園化までを説明させて頂き、皆様に埋立終了後形態を理解して頂きました。公園の手入れも非常にたくさんの方々が整備をしているのですねと、管理については大変ですねと感銘を受けておられたようです。

2月16日には三木市で高齢者大学院の学習発表会をされる予定とのことです。

ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※スパム対策のため、日本語を含まない投稿は反映されませんのでご注意ください。

▲このページの先頭へ戻る

おすすめめコンテンツ