大栄環境グループの社会貢献活動ブログ

地元に根ざした企業と言える1日でした

11月12日(土)

地元 槇地区にて防災訓練があり、参加してきました。
この訓練は、各地区にて8時に1次訓練をし、その後10時から口吉川町での2次訓練を毎年行われています。

朝8時、まだ少し寒さの残る中、老若男女が地区指定の避難場所へ集まってきました。
三木市から各戸に配布された避難袋の説明と「各家庭で必要な物が異なると思いますが、いざという時に備えて準備をお願いします。」と、中口区長から挨拶と共に説明がありました。
また、20数年ぶりに更新される消防ポンプが27日のお披露目を前に披露され、現役を退いた方々からは「あのポンプ長い間頑張ってくれたなぁ」と労いの声が聞こえてきました。

三木リサイクルセンターは、有事の際に地区の避難所としても使える様に非常食等を準備しているのですが、この訓練でも三木リサイクルセンターから非常食の提供をさせていただき、実際に炊き込みご飯を各自で作り、試食を行いました。お湯の量で、おこわにもお粥にもなる優れものです。中にスプーンも入っているので、どの世代にも食べやすい構造になっていると思います。

%e9%98%b2%e7%81%bd%e8%a8%93%e7%b7%b4

口吉川町防災2次訓練が終わる11時頃から、槇地区収穫祭が行われ続いて参加してきました。
快晴に恵まれ、時折吹く風が心地よい位の暖かい日となりました。

毎年豪華な食材に目を奪われますが、今年は大きな肉の塊を豪快に丸焼きにして振る舞われていました。
焼けるまでに時間がかかりますが、その分ほっぺが落ちるくらい柔らかい牛肉を堪能する事が出来ました。
他にも両手いっぱいはあるかという大きさの牡蠣やホタテ・サザエが振る舞われ、冷めてもおいしいミルキークイーンで作ったおにぎり、そして食後にホッとさせてくれるぜんざいと多くの料理が準備されていました。

%e5%8f%8e%e7%a9%ab%e7%a5%ad

途中からは、弊社役員や従業員も参加し、地元の方々との交流を深める事が出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※スパム対策のため、日本語を含まない投稿は反映されませんのでご注意ください。

▲このページの先頭へ戻る

おすすめめコンテンツ