大栄環境グループの社会貢献活動ブログ

海外からのお客さま

2月10日(金)

三木リサイクルセンターに、JICA(国際協力機構)を通じ、5か国(ボツワナ、エジプト、カザフスタン、南アフリカ、イラク)12名の研修員が来られました。

事務所で概要説明を行った後、バスで場内をまわり現場説明です。

焼却炉制御室、処分場、家・電施設、堆肥化施設ではバスから降りていただき、詳しい説明を聞いていただきました。研修員の皆様は各国の行政で廃棄物管理を担当されている方々なので、質疑応答にも熱が入り、少しでも知識を得ようという姿勢が感じられました。

通訳の方を介しての説明で案内をするにも一苦労でしたが、最後には、研修員の代表の方から見学対応に対する感謝の言葉をいただきました。少しは国際貢献ができたのではと、うれしく思います。

ブログ用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※スパム対策のため、日本語を含まない投稿は反映されませんのでご注意ください。

▲このページの先頭へ戻る

おすすめめコンテンツ