大栄環境グループの社会貢献活動ブログ

空港島のひまわり

大栄環境グループの本部近く、神戸空港がある、いわゆる「空港島」。
ここにひまわりがたくさん咲いているポイントがあるのをご存知ですか?

神戸空港から関西国際空港へ向かう高速船「神戸ベイシャトル」
その船着場のすぐ横のスペースです。

ここで昨年夏から神戸新聞社主催の「“みんな”のひまわりハート!プロジェクト」の一環でひまわりの栽培が行われています。

このプロジェクトは、栽培したひまわりから「ひまわり油」を採取して、販売し、その収益を東北や熊本の復興支援に役立てようとする、「被災地」神戸発の取り組みです。

私たちはこのプロジェクトに昨年から参加し、三木リサイクルセンターから「土」、三重リサイクルセンターから「肥料」を提供させていただきました。

昨年、神戸新聞社さんは「土」と「肥料」の確保にずいぶん苦労されており、せっかく掲げた理念を取り下げないといけないかもしれない、という寸前まで行ったのですが、私たちがお手伝いすることでプロジェクトが計画通り進み、それまで以上におつきあいも深まっています。

今年もまた土や肥料の提供をしなければならないのかな?と思っていたのですが、「昨年いただいた土と肥料がとてもよかったのでしょう、大変“肥えた”土地になりました」とのことで、何もせずともご覧のような状態で、「ここ空港島だけでなく、ポートアイランドの他の場所でも栽培しているのですが、ここのひまわりが数段大きく、種も多く獲れるんです」とおっしゃってました。

地元メディアとのおつきあいは、企業としてもとして大変重要ですが、おかげさまで、単に広告主であるというビジネスライクな関係をほんの少し超えたものが築けていると思います。

2017年8月23日(水) | イベント, その他 | Leave a reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※スパム対策のため、日本語を含まない投稿は反映されませんのでご注意ください。

▲このページの先頭へ戻る

おすすめめコンテンツ