大栄環境グループの社会貢献活動ブログ

小学生環境ポスター その2

大栄環境グループが毎年行っている、
小学生環境ポスターの選考は、
グループとしての選考~表彰のみならず、
各リサイクルセンターでの独自選考~表彰も
行っています。

三木リサイクルセンターでは独自に
『三木事業所長賞』『環境管理責任者賞』
『環境管理事務局賞』を設け、
地域に根ざした環境管理活動を推進しています。

先月は、近隣の三木小学校にお伺いしましたが、
今月は11月6日(月)もう1校の中吉川小学校に伺い、
表彰式に参列させていただきました。
当日は雲一つない青空のもと、
名前を呼ばれた受賞者3名は皆、満面の笑顔でした。

大栄環境グループ努力賞を受賞された山田さんは、
優秀賞候補に最後まで残るほどで、
どうリサイクルできるかが一目見て分かり、
ポスターの趣旨が表現された力作でした。

また、三木事業所長賞を受賞された本岡さんは、
難しい内容にも関わらず、
1年生とは思えない表現が評価されました。

三木事業所環境管理責任者賞を受賞された藤田さんは
細かなところまでしっかり表現された作品でした。

表彰される全校集会に撮影の為、
参加させて頂くだけのはずが、
先月課外授業で来られた4年生の皆さんから
感想文をプレゼントして頂きました。
課外授業の際にお渡ししたプルタブを見た、
他の学年の児童達はその量にビックリしていました。
堆肥については近々老人会の皆さんと
花を植える際に花壇に混ぜ込むと伺いました。

小学生環境ポスターなどを通じ、
これからも地域に根差した環境管理活動にして参ります。
今回応募頂いた児童とその保護者の皆さん、
そして撮影協力を頂きました先生方、
本当にご協力ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※スパム対策のため、日本語を含まない投稿は反映されませんのでご注意ください。

▲このページの先頭へ戻る

おすすめめコンテンツ