大栄環境グループの社会貢献活動ブログ

カテゴリー別

三木市商工会議所主催の企業見学会に学生さんが来られました

2018年8月6日(月)

三木市商工会議所主催として、三木市内の様々な業種10社を5コースに分け、未来の職業を考える企業見学会が開催されました。

これに応募された2名の学生さんが三木リサイクルセンターに見学に来られ、PV視聴時もパンフレットと見比べながら熱心に聞き入り、その後の場内見学では規模の大きさに驚かれていました。

途中、ラジオから現在大栄環境グループが提供している夏の高校野球のCMジングルも耳にしました。

槇谷処分場では、ちょうど海上コンテナが見え、先月甚大な被害があった西日本豪雨災害の災害廃棄物の一括処理等を受託し、現場から海上輸送で対応しているという話になると、聞く方も説明する方も熱を帯びていました。

私たちは生活する上でなくてはならない、縁の下の力持ち的な仕事です。収集運搬~中間処理~最終処分場と様々な業務があり、得意分野が活かしやすい企業ではないかと思います。「誰かの役に立ちたい!」と思える人にはピッタリな企業であると感じてもらえるように、今後ともインターンシップ等を通じて伝えていきたいと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲このページの先頭へ戻る

おすすめめコンテンツ