カテゴリー別

西脇市の子どもたちが環境学習に来られました(三木RC)

2018年8月22日(水)

西脇市職員の方々と一緒に、小学4~6年の親子13名の皆さんが三木リサイクルセンターに環境学習に来られました。

台風が迫ってきているとは考えられないくらい好天の中、事業所全体をぐるっとめぐるバスツアーが始まりました。

最初に下車したのは家・電施設。小型家電の手分解を間近でみる子供達の目は好奇心の塊!そんな視線に気づいた作業員の相馬さんが挨拶すると「こんにちわぁー!!!」と作業場に響き渡る位の挨拶に大人たちはびっくりしました。

パソコン分解は時間いっぱいまで見学し、帰り間際にゲーム機本体の山を見つけた子供達はまたまた大興奮!保護者の方々も「ファミコン懐かしいわ…」の声。

その後で学習した「みんなのメダルプロジェクト」では、実際に小型家電分解の様子も思い出しながら、それがメダルの材料になる事を知って頂きました。

最後に電気を作り、光・音・運動で使う実験を工作を通じて行いました。猫型の本体にパーツをはめ込み、コンデンサーに電気を溜めて使いました。1分間一生懸命ハンドルを回して電気を作り、猫に見立てた本体を走らせると、溜めた量に比例してスピードが異なりました。

喜ぶ子に悔しがる子。顔を真っ赤にしながら一生懸命に電気を溜める子。それぞれに電気を作る・使うを体験してもらいました。

生活をする中で何気なく使っている電気ですが、作るとなると大変だという事を知ってもらえたと思います。

また、電気の大切さに加え、自分で電気を作り使えるという事は子供達の防災グッズとしても役立てるのではと考えています。

台風シーズンに入りますが、親子で防災について考えるきっかけを伝える事も出来たのではと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲このページの先頭へ戻る

おすすめめコンテンツ