大栄環境グループの社会貢献活動ブログ

3R推進全国大会で環境大臣表彰をいただきました

10月24日(火)
第12回3R推進全国大会式典・記念シンポジウムに出席しました。

三重中央開発株式会社は三重県の推薦を受け、
3R活動優良企業として循環型社会形成推進功労者環境大臣表彰を
受賞致しました。

焼却施設の熱を利用して事業所全体の電気を賄っていることや、
地元の温泉施設に熱を供給できるシステムを構築していること、
また、災害廃棄物の迅速な処理や種々の環境学習支援の実施等が
評価されました。

イオンチアーズクラブ見学ツアー

大栄環境グループは、共同で「食品リサイクル事業」取り組んでいることもあって、イオングループさんとはそれ以外でも接点が多くあります。
そのひとつが、イオンさんの近隣店舗を基点にした「イオンチアーズクラブ」の環境学習です。

去る10月14日(土)にもイオンチアーズクラブの子供たち総勢15人と大人達が、三木リサイクルセンターコンポストファクトリーに堆肥の作り方等の見学に来られました。当日はあいにくの空模様でしたが、元気いっぱいな子供たちの歓声が、見学バスの中に響き渡っていました。

子供も大人も説明を熱心に聴き、前処理工程では重機(ホイルローダー)が野菜を投入するとひときわ高い歓声が!!
子供達だけでなく、大人もバスの座席から立ち上がり、子供たちの後ろから身を乗り出して重機(ホイルローダー)の写真を撮ったり歓声を上げたりしていました。

後処理工程の説明中には、大きな振動ふるい機が動いているのを見、反対側のヤードの中にある出来上がり間近の堆肥の山を見、忙しなくキョロキョロしながら、歓声を上げていました。大人の方も子供たちに負けず劣らず、「おお~~」と感嘆の声を上げておられました。

その後、あらかじめ用意していた、搬入したての野菜、破砕・脱水後の残渣、副資材の木くず、堆肥製品の4つをそれぞれバケツに入れたものを間近で見て、匂いを嗅ぎ、触り、と一通り体験もして頂きました。

終始好奇心旺盛な子供達。ニコニコと笑顔を振りまいていただき、私達も笑顔がこぼれていました。

小雨の降る中、たくさんの子供達の笑顔が咲くのを見て、心も新たにこの子供達の未来に色彩豊かな花や野菜が育つよう、その礎となる、誇れる堆肥を作り続けようと思いました。

地域へのお役立ちは私たちの使命です

10月17日(火)

御坊リサイクルセンターでは、以前から地元の役員さんにお願いされていた下流水路の清掃作業を行いました。

毎日のように雨が降り続くなか、精鋭5名が雨天決行で現地に出動。永年貯まり続けて草の生い茂った土砂をミニユンボで撤去し、最後に散水車で仕上げの清掃を行った結果、見違えるような水路に生まれ変わりました!

作業後の水路を見た地元の皆さんからは、
 「草が消えちゃった!」(お子さん)
 「だいぶ前に掃除したけど、ここまで綺麗になるとは驚いた!」
 「この水路、こんなに大きかったんだ!」
 「泳げるんちゃう?」

8月に行った草刈りでも、大栄パワーにたくさんのお褒めの言葉を頂きましたが、これからも地元の皆さんに大栄環境の貢献パワーをお見せして行きます!

京都RC 岩船区 白山神社 おかげ踊りに参列

京都リサイクルセンターの地元 岩船寺に隣接する白山神社にて『おかげ踊り』が行われ、木津川市学校教育課、観光協会、南加茂台小学校とともにお招きいただき、参列をさせていただきました。

この『おかげ踊り』は、祭礼行事として、毎年10月16日に本殿を背景に中央の音頭、太鼓に合わせて、老若男女が御幣を振り掲げ、輪になって踊る行事で、おおよそ140年程前から行われており、京都府無形民俗文化財にも登録されています。

今年は、例年と違い、生憎の雨で屋内での踊りを見せていただきました。

三木RC 近隣の細田神社にて秋の例祭

10月9日(月・祝)
三木リサイクルセンターの近隣地区にある細田神社にて秋の例祭が行われました。

当社もご招待いただき、センター長の下地が出席いたしました。
午前中は神事が執り行われ、可愛らしい小学生の巫女さんによる浦安の舞、直会があり、午後には子供神輿の運行もありました。

以前は沿道に屋台が立ち並ぶほどのにぎわいがあったそうですが、近年は人口減少に伴い、規模は縮小されているようです。

近隣地域の各地区の区長様も参列されており、地域コミュニケーションを今後も深めて共に歩んでいきたいと思いました。

おすすめめコンテンツ