大栄環境グループの社会貢献活動ブログ

地域とのふれあいを大切に♪

7月31日(月)
京都リサイクルセンターの地元、当尾地域にあります当尾の郷会館周辺の清掃活動に参加しました。

伸び切った枝を払い、生い茂った草を刈り、それを集め運ぶ。
作業開始直後にも関わらず額を伝う汗、
まとわりつくような空気、すぐに息が上がります。
厳しい暑さに苦悶の表情を浮かべながらの作業、
チェーンソーと刈払い機の音だけが辺りに響き渡ります。

開始から約1時間が経過、一回目の休憩に入ります。
当尾地域長をはじめ参加した多くの地域の方から、サロンスペースへお招きいただき、涼と飲料をいただきました。
灼熱の外と比べるとここは天国、みるみる精気が甦ります。
ここで地域のみなさんと束の間の歓談、楽しい時間を過ごしました。
その後再び作業、二回目の休憩。

二回目の休憩では、地域の方からよく冷えたパイナップルをいただきました。石垣から届いたというこのパイナップル、みずみずしくとても美味しかったです。
最後に集めた枝と草をコンテナに積込んで撤収、約3時間の作業が終了しました。

来月20日にはこの場所で当尾夏まつりが開催されます。
京都リサイクルセンターからも、昨年、一昨年に引き続き、三年連続で出店させていただくことになっています。
地域のみなさんが力を合わせて整備した会場で、地域を盛り上げる、地域のみなさんの手作りの祭りが開催される日が今から楽しみです。

消防ポンプ自動車を寄贈いたしました

三重リサイクルセンターは、このたび地元である三重県伊賀市予野区に”救助資機材搭載型消防ポンプ自動車”を寄贈し、7月20日(木)伊賀市消防本部中消防署西分署にての贈呈式が行われました。

始めに弊社専務取締役井上の挨拶のあと、井上から伊賀市長へ目録の贈呈、三重リサイクルセンター長平井から消防署長へ消防ポンプ自動車の鍵の贈呈が行われました。

贈呈後、伊賀市長から感謝状とお礼のお言葉を頂きました。

式典参加者全員で消防ポンプ自動車の前で記念撮影後、予野区の花垣神社にて入魂式が行われました。

今後も100年企業の創造に向けて、地域との係わりを大切にしていきたいと思います。

「農業ふれあいサマーフェスタ」に参加いたしました

平成29年7月17日(月)

伊賀市農業ふれあいセンターにて「農業ふれあいサマーフェスタ」が行われ、約2,000名のお客様が来場されました。

私たち三重リサイクルセンター(三重中央開発㈱)の出店ブースには、農事組合法人ねぎぼ~ずの玉葱、井村屋アイスの販売をさせて頂き、地元の方や来場者の方々とふれあい、親睦を深めました。
また、ゴミ回収コンテナを設置させて頂き、地域貢献を兼ね、当社の名前を知っていただきたいと思っています。

地域とふれあい、地元に愛される企業であり続ける為、日々の努力を積み重ね、地域との共存共栄を進めていきたいと感じました。

地元神社の社務所竣工式に出席させていただきました

7月6日(木)

三重リサイクルセンターの地元予野地区にある花垣神社の社務所竣工式が行われました。

総勢31名が出席され、弊社から社長の金子をはじめ、担当役員も出席させていただきました。

暑い中での式でしたが、神事は無事に執り行われ、竣工式後、氏子総代長様より感謝状を頂きました。

今後も100年企業の創造に向けて、地域との係わりを大切にしていきたいと思います。

今までで一番楽しい社会見学

2017年6月10日(土)
イオンチアーズクラブの皆さんが三重リサイクルセンターの見学に来られました。

イオンチアーズクラブとはイオン店舗近隣の子ども達が集まり、環境に関する体験や学習をしている団体で、2017年度は「ゴミ・リサイクル」をテーマに展開されています。

今回は小学生7名、中学生1名、引率者が3名の計11名で来社されました。
初めに会議室でリサイクル品についてのクイズ、車に乗って場内の見学を行い、ねぎぼ~ずへ向かいました。ねぎぼ~ずでは場内説明・見学の後、玉ねぎ畑へ行き収穫体験をしていただきました。課長の篠原が分かりやすい説明をしたせいもあってか、収穫の早技には子どもたちのみならず大人も笑顔に。そして、お帰りになる頃には「今までの社会見学の中で一番楽しかった」と満足されていました。

これからも子ども達に「楽しかった」「また来たい」と言っていただける見学対応を目指し創意工夫していきます。

おすすめめコンテンツ