大栄環境グループの社会貢献活動ブログ

伊賀市立上野西小学校4年生の工場見学

4月27日(金)、伊賀市立上野西小学校の4年生99名(同行職員5名)が、リサイクルの方法について勉強するために、三重リサイクルセンターの工場見学に訪れました。

まず始めに事務所に入り、センターで行われているリサイクルについて説明した後、バスで工場を回って、実際にリサイクルがどんな形で行われているのか見学して頂きました。

児童の皆さんは、センターの敷地内に設置しているゴミを材料に作られた動物の像に興味津々の様子で、見学後は、お土産としてノートやシャープペンシル、和泉リサイクル環境公園のポプリなどをお渡しして、見学は終了となりました。

センターに設置している動物の像

津波避難場所協定への感謝状授受

今年2月、西宮事業所は西宮市と「津波発生時における緊急避難場所としての使用に関する協定書」を締結し、
事務所棟を「津波避難ビル」とする指定を受けました。

それに対して、5月10日西宮市役所にて感謝状の贈呈式があり、市の危機管理監でもある副市長から感謝状を頂きました。

西宮市では、JR神戸線以南の3階建て以上の堅固な建物を「津波避難ビル」として指定することを進めていますが、今年は新たに64ヶ所の施設が指定され、そのうちの民間企業14社に感謝状が贈呈されました。

これで、西宮市内の津波避難ビルは計255棟に及び、約19万人の避難場所を確保できたことになります。

西宮事業所としてもこのような形で地域のお役に立てることは嬉しい限りであり、今後も一層、地域貢献の取り組みを積極的に行って参ります。

西宮事業所 事務所棟

『第12回DINS賞「あすなろ杯」争奪奈良ちびっ子野球大会』開催

4月29日(日)および5月3日(木)、4日(金)の3日間で、三重中央開発(株)主催『DINS賞「あすなろ杯」争奪奈良ちびっ子野球大会』が開催されました。

今年で12回目となる今大会は、19の出場チームでそれぞれAゾーンとBゾーンに分かれて予選試合を行った後、ゾーン別決勝トーナメント戦を行うスケジュール。
始球式では、京都事業所の所長がナイスピッチングを披露し、会場を沸かせていました。

4日最終日。
Aゾーン決勝戦は「名張少年野球団」対「畝傍北ドリームズ」の組み合わせとなり、両者ともレベルの高い試合の末、3-0で「名張少年野球団」が栄冠を手にしました。
Bゾーンは「真弓パンサーズジュニア」が優勝し、最後には各チーム喜びの笑顔で集合写真を撮りました。

閉会式では、常務取締役の大田が「決勝戦では出場選手も応援席も非常に大きな声が出ており、ご父兄とチームの方々が一体となっていました。今後も野球を通じて、ご両親への感謝の気持ちを忘れることなく、精一杯励んでいただきたいと思います」と挨拶し、大会の幕を閉じました。

六甲アイランド「ウェルカムフェスティバル」に出店

4月28日(土) 、グループ本部のある六甲アイランドにて恒例の「ウェルカムフェスティバル」が開催され、当社も「ホットドッグ」と「からあげ」の屋台を出店しました。

このお祭りは、この春から六甲アイランドで新生活を始められる方々に対して「ウェルカム!」という歓迎の気持ちを込めて開催するイベントです。
アイランド内の飲食店や企業をはじめ、全国各地の物産やB級グルメ店約40店舗が大集合し、特設ステージでは、ダンスパフォーマンスやビックバンドの演奏などがありました。

当日、我々が陣取ったのは、六甲ライナー「アイランドセンター駅」の少し北側で、 周りは「ひるぜん焼きそば」など、「B級グルメ」の有名どころばかり。ゴールデンウィーク前半の3連休初日ということもあってか、去年と比べ少しお客さまは少なめでしたが、今年も子供たちの喜ぶ顔が見られて、充実した一日となりました。


おいしく出来上がったからあげ。


とてもいいお天気でした。

2012年5月2日(水) | 本部, イベント | Leave a reply

和泉リサイクル環境公園で「俊乗坊講大祭」開催

4月29日祝日の日曜日、和泉リサイクル環境公園の日本庭園で「俊乗坊講大祭(シュンジョウボウコウタイサイ)」が行われました。

「俊乗坊重源(シュンジョウボウ チョウゲン)」は、地方を回り農耕を発展させ、農民の生活改善に力を尽くしてきた僧で、東大寺再建の中心人物としても活躍しました。和泉地域では、谷山池をつくったことでも知られています。

この祭りは毎年谷山池の堤で行われていましたが、昨年の台風で堤防が崩壊し、工事のため環境公園の日本庭園内に今年移設されました。
西福寺(和泉市桑原)より来られたお坊さんにより入魂式が行われ、地元の方々も100名近くお見えになり、式の後は、日本庭園の景色を楽しまれていました。

おすすめめコンテンツ