社会貢献活動

企業の森づくり活動

企業の森づくり活動

 全国的に森林の荒廃が進む中、三重県では、県民、企業などによる「森林づくり活動」(県が企業と森林保有者のマッチングを行い、企業が植林や枯れ木の伐採を施し整備することによって森林保全を図る活動)を推進しています。
 全国的に幅広く取り組まれるこの活動に、大栄環境グループも2008年11月から参画、「ひだまりの森」活動と名付け活動を開始しました。

三重県ホームページ「企業の森ページ」へ

三重県森林CO2吸収量評価認証取得

 三重県では企業や団体等が整備した森林のCO2吸収量を評価・認証する制度を
定めており、平成27年度三重県森林CO2吸収量評価認証交付式において、
平成27年度森林CO2吸収量4.9CO2-t/年を達成し、三重中央開発(株)が認証されました。
今後も三重県の森林環境保全の一端を担い、地球環境保全や地域環境保全に貢献していきます。

三重県森林CO2吸収量評価認証取得三重県森林CO2吸収量評価認証取得

ひだまりの森 森林保全活動

 整備を進める企業の森において、県および市の職員の方々や、従業員とその家族が
参加しての森林保全活動を毎年開催しています。
三重中央開発(株)がスポンサーを務める「伊賀FCくノ一」の選手の方々にも
ご参加いただき、広場の草引きや倒木・落木の除去、また展望台の東屋や看板の
清掃、レクレーションなどを行い、地域との交流を深めています。

森林保全活動健森林保全活動森林保全活動