社会貢献活動

子ども達とともに

 心身共に健全な青少年の育成を支援することを目的に、子どもたちを対象とした様々な環境教育の場を提供しています。

「トライやる・ウィーク」

トライやる・ウィーク

 兵庫県の教育委員会が1998年から実施している、県下の中学生を対象とした職場体験学習「トライやる・ウィーク」の受け入れ先として、毎年中学生の体験学習を支援しています。1週間の間県内の企業や商店などで職場の実地体験を行い、子どもたちの社会性を養い「生きる力」を育むことを目的としています。

施設見学による環境学習

 ごみの分別やリサイクルの重要性を目で見て実感してもらうために、各リサイクルセンターでの、小中学生の社会見学を広く受け入れています。
 センターの敷地内には、施設や重機に動物の絵をペイントするなどの「事業所サファリパーク化」を推進しており、特に三重リサイクルセンターでは廃棄物を材料にして作成した動物のオブジェを100体以上設置しており、子どもたちが興味をもって学習したいと思える環境づくりに努めています。

施設見学による環境学習施設見学による環境学習

小学生環境ポスター募集

 「かけがえのない地球を守るために、何ができるか」家族との何気ない会話の中で、子どもたちに環境について考える機会を持ってほしいという思いから、2011年度から地元の小学生を対象に環境ポスターを募集しています。
応募受付は夏休み期間中とし、最優秀賞に選出された作品を毎年社内で掲示しています。最優秀賞・優秀賞・努力賞の受賞者には賞状と記念品授与、参加者全員に参加賞を贈呈しています。


2017年 表彰結果 (テーマ:「ごみの分別・リサイクル」)

【最優秀賞】
最優秀賞

紀の川市立東貴志小学校
前 大成 さん

受賞者

受賞者記念撮影