Q&A集

現地確認を代行する企業が増えているようですが、排出者責任を逃れることはできないので、参考情報にしかならないのではと思っています。が、処理業者が遠方の場合などは利用したくなります。
現地確認代行業者と業務委託契約を結んだ場合、自社が現地確認したことになりますか?
処理状況の現地確認は努力義務ですが、グループ会社や第三者が確認した結果を、契約によって援用し、それをもって自社も確認したという主張自体は禁止されていません。 そのため、お答えとしては「確認したことになる」となりますが、委託先の第三者の不手際、あるいは第三者の悪意によって、委託先の不適正処理を見逃したような場合には、そのリスクも背負わなければならないことに十分ご注意下さい。