Q&A集

建設系廃棄物の自社保管に関する届出制において、届出対象基準に「保管の用に供される場所の面積が300m2以上」とありますが、コンテナを置く場合は、コンテナ面積と敷地面積のどちらで判断すれば良いのでしょうか?

コンテナで保管をする場合、コンテナの置き場所の面積が届出対象の算定基準となります。

(第12条第3項)
産業廃棄物発生場所の「外」で産業廃棄物を保管する場合は、あらかじめ都道府県知事に届出をすることが必要になります。
届出の対象は、「建設系廃棄物」で、「300m2以上の場所」で保管をする場合となっております。

なお、上記廃棄物処理法とあわせて、必要に応じて、都道府県・政令市各条例に基づき届出が必要となりますので、各対象都道府県・政令市条例の確認が必要となりますことにご注意下さい。