山林の評価について

「親名義の山林がどこにあるのか知りたい」
「資産としての山林の価値を知りたい」
「相続した山林を売却したい」
「実際に売却可能な価格はいくらか」
「誰に相談したら良いのかわからない」・・等々、
今まで様々な山林オーナー様からのご相談を承ってまいりました。
 
大栄環境グループの株式会社総合農林の「森林評価士」が、
オーナー様のご所有山林を評価いたします。
将来のご売却の際に必要となる資料の整備にも役立ちますので、
一度ご検討いただくことをお勧めいたします。

山林評価に必要な書類

  • 1. 全部事項証明書(登記簿謄本)
  • 2. 固定資産税納税通知書
     または固定資産税名寄帳兼課税台帳
  • 3. 公図(法務局備え付けの地図)
  • 4. 固定資産地番参考図(地番図)
  • 5. 森林情報 ※詳しくはお問合せください。

その他、「物件位置図」、「地籍図」、「測量図」、「所有地番一覧表」などお手元にある資料

原則、上記 1~5 の書類の全てが必要です。ご不明な点などはお問合せください。

  • 書類の解説
  • 書類の解説
  • 書類の見本
  • 書類の見本
  • 評価の流れ
  • 評価の流れ

山林評価のメニュー

簡易評価
  • 机上評価:A4レポート 1枚程度
  • 費用:1,000 円(消費税込み)
  • (銀行振込、郵便切手、収入印紙、定額小為替でも可)
専門評価
  • 大規模山林や林業山をご所有の方また法人さまへ
  • 当社では、より専門性の高い、森林評価士による「森林評価書」や「立木評価書」の作成も承ります。地方公共団体が所有する公有林の評価実績もあります。お気軽にご相談ください。
山林の管理について

(株)総合農林では、山林管理業務も承ります。

  • 1. 定期的な山林巡回業務
  • 2. 森林施業の代行業務(森林組合との打ち合わせ等)
  • 3. 各種コンサルティング業務
  • 4. その他山林管理に関する業務

 管理メニューや費用はご相談に応じます。お気軽にご連絡ください。

※ただし、山林の所在地は原則として近畿圏周辺に限定させていただきます。

page to top