総合農林:十津川山林のご紹介

総合農林十津川山林は、奈良県十津川村の北東、旭地区に位置する 1,375haの広大な山林です。

日本200名山「釈迦ヶ岳」への西からの登山口、そして世界遺産熊野古道「大峯奥駈道」に繋がることから、
四季を通じて多くの登山者にこの山の林道を利用いただいております。

歴史深い十津川村は、古都奈良への木材供給地として重要な役割を果たしてきましたが、
私どもの社有林でも「100年の森づくり」を目指して、新たな施業方法の開発に取り組んでおります。

ここは奥吉野。初秋の美しい緑、そして山で働く人々の営みをご紹介いたします。