大栄環境のミッション

大栄環境の事業

環境に関するあらゆる問題を解決する「環境創造企業」

「持続型資源循環社会」の実現を目指した環境コンサルティング事業を行っています。モノづくりはもちろん、すべての企業活動と切り離せない廃棄物を、再資源化まで一貫して行う全国屈指の先進企業として注目を浴びています。最先端の設備とノウハウを備え、燃料や肥料、土木資材など様々な再生品を生み出しながら、処理コスト削減のご提案、焼却炉プラントの運転管理代行など、企業の環境活動に大きく貢献しています。

大栄環境の戦略・ビジョン

資源循環型社会の実現に全力で取り組む先進企業

世界共通の課題として年々認識が高まる環境問題。日本でも環境へ配慮した経済活動が大きなテーマとなっています。当社は、廃棄物処理において回収、分別さらに再資源化までを一貫して自社で行える設備とノウハウを有する全国屈指の先進企業です。廃棄物が環境・健康へ与える影響は、排出企業の責任とされています。そのため一貫して任せられることはコスト削減だけでなくリスク回避にもつながります。また、その処理技術だけでなく「廃棄物の焼却・埋め立てを最小限に抑える=ゼロエミッション」に向けた、最適な分別方法の指導や各種法令を熟知した人材の派遣を行っています。その総合力で多くの大手企業、官公庁から厚い信頼を獲得しています。


ミッション1

2013年秋には、国内最大規模となる廃棄物複合リサイクル施設「エネルギープラザ」が稼動しました。この施設では、一般廃棄物および産業廃棄物の焼却処理や焙焼による無害化を行うとともに、回収した熱を発電および汚泥の乾燥等にサーマルリサイクルする機能を備えています。加えて、「トランスヒートコンテナシステム」の開発により、広域での熱供給を通じて、資源循環の高度化を図ることができます。このプロジェクトは1997年に立ち上げた中期経営計画の集大成であり、まさに「第二の創業」に向けた新たな一歩として期待を寄せています。



ミッション1

ミッション2

ミッション2

1995年、阪神・淡路大震災によって大量に発生した災害廃棄物の処理に、大栄環境グループは携わりました。そのときの経験を活かし、大規模災害が起こった際には、大栄環境の誇る機動力と受け入れ能力を駆使し、災害廃棄物の処理・リサイクルに尽力してきました。最近では、2011年9月に西日本を襲った台風12号によって発生した大量の災害廃棄物に対し、約2ヶ月でほぼ処理を完了。その後の継続対応も含め、約5万トンの処理を行いました。また、東日本大震災に伴う震災がれきの北九州市広域処理において、その運搬業務を当社が請け負いました。



ミッション3

大栄環境グループ創業の地である大阪府和泉市。この地で埋立処分場を運営しその処理を終了させた私たちは、その跡地の再生利用として、「花とスポーツの公園」をテーマに、「和泉リサイクル環境公園」を創設しました。地域の方々の憩いの場となることを願い、農場には四季折々の花を一年を通して咲かせ、多目的グラウンドでは地元サッカーチームが練習や大会を行い、近隣の幼稚園・保育園の運動会などにも活用されています。今では年間35万人もの人々が訪れ、和泉市の観光地としても定着しつつあります。大栄環境のリサイクルと地域貢献への想いがカタチとなったこの和泉リサイクル環境公園が、これからも地域の人々に愛される施設であるよう、初心を忘れず努めていきたいと考えています。

ミッション3