PC・電子機器類処理

平成15(2003)年より、「資源有効利用促進法」の改正に基いて、メーカーと消費者が協力しあって、家庭系のパソコンを再資源化するパソコンリサイクルが始まりました。使用済パソコンは、今まで自治体が回収していましたが、パソコンメーカーが回収し、部品や材料により再資源化していきます。

対応品目

  • デスクトップパソコン

  • ノートパソコン

  • ディスプレイ(液晶、ブラウン管式)

※プリンターやスキャナーなどは回収対象にはなりませんのでご注意ください。

処理フロー

  • パソコン
    ディスプレイ
  • 手分解

    ブラウン管や基盤、コネクター等を取り外す。
  • データ破壊

    ハードディスク破砕機によりデータを完全破壊。
  • 破砕選別

    手分解が困難なものは機械にて粉砕、選別。
  • 素材回収

    高純度に選別された資源は素材毎に回収。

その他の
取り組み

  • ハードディスクの破壊 

    解体して取除かれたハードディスクは、ハードディスク破壊機で速やかに破壊し、情報漏洩に努めています。

  • 指定個所のシャッター施錠 

    個人情報が入っていると思われるデスクトップパソコン、ノートブックパソコン等は、指定の場所に一時保管し、休憩時・退社時のシャッター施錠を徹底しています。

  • 入場者のチェック 

    部外者が施設内に入場する祭は、入場記録表に記入してから入場し、必ず従業員が同行するようにしています。

  • 夜間・休日の警備実施 

    夜間・休日に関しては、常駐警備員が巡回し、問題があれば担当責任者に連絡が入ります。

PAGE TOP