バイオマス発電

廃棄物からのエネルギー創出に向けて、バイオマス発電に取り組む

  • バイオマス発電とは「バイオマス」とは、動植物等の生物から作り出される有機性のエネルギー資源で、一般に化石燃料を除くものを総称しています。
    そのエネルギー源を燃焼したり、あるいは一度ガス化して燃焼したりして発電するしくみを「バイオマス発電」といい、バイオマス燃料を燃焼することでタービンを回し、発電機を動かすことで発電を行います。

  • DINS 堺バイオマスボイラー廃木材をボイラー燃料として利用。火力発電機で電気に変換するバイオマス発電が行われています。
    また現在も新しいバイオマス発電施設を建設計画中。廃棄物とバイオマスの混焼施設によるエネルギー供給事業を一層推進していきます。

    DINS堺バイオマスボイラー

    年間発電量1,003kwh

    (一般家庭2530軒分相当)

PAGE TOP