余熱利用

余熱利用で地域に貢献
無駄を省き、新たなエネルギーを届けます

  • トランスヒートコンテナシステム従来は専用の大型トレーラーでしか運べなかった熱エネルギーを小型のコンテナに蓄熱できるシステムを開発。このシステムにより約 1,820メガジュールのエネルギーを地域に供給可能。これは、100~200kgのCO²に相当します。蓄熱材には食品添加物に使用される安全な素材が使われています。
    溜めた熱エネルギーは温泉宿泊施設「サンピア伊賀」に届けられ、天然温泉「芭蕉の湯」に利用されています。

熱宅配便「トランスヒートコンテナ」のしくみ

廃棄物を焼却する際に出る熱を蓄熱タンクに貯め、コンテナで広範囲に供給

※熱の宅配便「トランスヒートコンテナ」は三機工業株式会社の登録商標です。

PAGE TOP