小型家電リサイクル

捨てられる運命にある小型家電を回収し、再資源化に取り組む

処理フロー図

小型家電リサイクルフロー図

大栄環境グループの取り組み

  • 法律に基づく再資源化事業計画の認定を取得「小型家電リサイクル法」に対応するため、2013年6月に大栄環境(株)が、2014年2月には三重中央開発(株)が法律に基づく再資源化事業計画の認定を環境省、経済産業省より取得しました。

    小型家電リサイクル認定事業者 小型家電リサイクル認定事業者協会
  • 小型家電リサイクル認定事業者
  • クロネコ小型家電リサイクルサービスヤマトホームコンビニエンス及びリバーホールディングス(旧スズトクホールディングス)と連携し、ヤマトホームコンビニエンスが提供している「引っ越しらくらくタイムリーサービス」や「快適生活サポートサービス」の利用時にあわせて不要な小型家電を回収することが出来るサービスを行っています。

    クロネコ小型家電リサイクルサービス クロネコ小型家電リサイクルサービス 小型家電がリサイクルされるまで
  • クロネコ小型家電リサイクルサービス
  • 資源有効利用促進法に対応した設備を完備三木リサイクルセンターにある家電・電子機器類資源回収施設は資源有効利用促進法(パソコンリサイクル法)に対応した設備を完備しており、メーカーや量販店から指定を受けています。

    パソコンリサイクル法 PC・電子機器類処理へのリンクボタン
  • パソコンリサイクル法
  • 個人情報保護法にも対応個人情報保護法にも対応しており、個人情報が入っているデスクトップパソコン、ノートブックパソコン等は搬入後指定の場所に一時保管され、シャッター施錠を徹底しています。また解体して取り除かれたハードディスクはハードディスク破壊機で速やかに破壊し、情報漏洩防止に努めています。

  • 個人情報保護法

PAGE TOP