カテゴリー別

アーカイブ

献血、これで6回目です!

2月18日(月)
京都リサイクルセンターでは、第6 回目の献血を実施しました。

今回も前回と同じく400mlの採血を行い
スタッフとして木津川市職員の方も参加していただき、
お礼の記念品を頂きました。

今回は30名が献血に参加しました。

センター長の穂苅は今回で30回目の献血で記念品を贈呈されました。

京都リサイクルセンターは6回全てに参加した人達が多く、
今後も社会貢献のひとつとして取り組んで行きたいと思います。

県立兵庫工業高等学校インターンシップ発表会

昨年、11月12日から16日まで六甲エコプラザに
兵庫県立兵庫工業高等学校の2年生が
インターン実習に来られた時の報告会が、
2019年2月8日に同校体育館で行われました。

全校生徒および来賓者約100社200名の方々が
傾聴されている中、
インターンに行った会社の紹介と実習内容を
日毎に発表されていました。
          
生徒達は実習を通して社会人マナーや
コミニュケーションのとり方など
基本的なことを学べたのではないかと思います。  

私達も人に伝える難しさを実感し、
生徒達と同様学ぶことが沢山ありました。
次回の機会にはもっとスムーズに実習して
いただけるようになりたいと思います。
会社としては多くの方に事業の実態を知っていただく
良い機会だったと思います。

参加された生徒の方々には今回の経験を活かし、
将来設計に繋げてほしいと思います。

第11回 卒部記念「DINS CUP」争奪奈良ちびっ子野球大会 閉会式

2月3日(日)
第10回 卒部記念「DINS CUP」争奪奈良ちびっ子野球大会、最終日が行われました。

1月27日(日)に合計7チームで予選リーグが繰り広げられ迎えた最終日、
白熱した試合の後、城東コスモボーイズが優勝の栄冠を手にしました。

大栄環境グループ常務取締役大田より
「この大会は6年生を送り出す大会です。
 ちびっ子野球愛好会の皆様方、チーム関係者の方々、ご父兄の方々
 無事終えられましたこと厚くお礼申し上げます。
 君達6年生は4月から中学生に上がります。
 小学生とは違った環境に君達は行きますが、野球で培った
 我慢・頑張ること・チームワーク・色んな形のものが君達の中には育っています。
 中学に行っても野球で培った精神を忘れずに頑張ってください。」
と閉会のご挨拶をさせて頂き、2日間の大会の幕を閉じました。

自由が丘中学校トライやる・ウィーク活動発表会

三木リサイクルセンターで今年度受け入れたトライやる・ウィークの1校である、
1/25(金)自由が丘中学校から活動内容を発表する場にご招待いただきました。

生徒達が活動の様子をまとめた壁新聞が体育館の入口両側に広がり、
職場体験の事業場業種を5グループに分け、掲示されていました。

各事業所への訪問には担当教諭だけでなく校長先生も可能な限り
生徒達の活動の様子を見に行かれ、激励されていました。
初めは緊張した面持ちが段々逞しくなったと感じられたようです。
体験当日までにマナー教室を受けたり、ドキドキしながら事業場へ電話をしたりと
大変な思いをして一歩大人に近づき、学校では見られない表情や
笑顔に繋がっていますと活動までの舞台裏も1年生に紹介されました。

エフエムみっきぃで鍛えた生徒達のスムーズな司会で全57事業所を代表して9事業所の発表があり、
活動の様子や心構えを報告するだけでなく、1年生が来年の参考になる様にクイズや訓練の様子、
数事業所の紹介を実演を交えつつ中継で紹介と各グループ工夫をしていました。
その様子は会場全体を楽しい雰囲気で包み込み、あっという間の2時間でした。

職場体験を通じて働く事の大変さ、挨拶の重要さが感じられたと思います。
また、ただパソコンを分解するだけでなく、それが来年開催されるオリンピックのメダルに
変わっていくなどリサイクルする事でそれがどう社会に役立って行くのかを
知って頂けたのではと感じています。
貴重な機会に参加させて頂き、ありがとうございました。

第6回「食品産業もったいない大賞」審査委員長賞を受賞しました

公益財団法人食品等流通合理化促進機構主催 第6回「食品産業もったいない大賞」の
表彰式及び受賞者による事例発表会が、平成31年1月29日(火)に開催されました。

大栄環境グループ DINS堺 バイオエタノール事業所の
『廃棄飲料からバイオエタノール燃料を製造し循環型社会形成に貢献』の取組の
独自性が評価され『食品産業もったいない大賞審査委員会委員長賞』 を受賞しました。

「DINS堺の処理方法ではバイオエタノール燃料化でエネルギーを創出する側となり、
SDGsの達成、排出事業者様のCE、RE100にも貢献できる。廃棄物飲料処理にパラダイムシフトを」
と、事例発表会で取締役嶋本から力のこもった説明をさせて頂きました。

廃棄飲料からバイオエタノール燃料製造の取組で、
今後もDINS堺は循環型社会に貢献していきます。

おすすめめコンテンツ