県立兵庫工業高等学校インターンシップ発表会

昨年、11月12日から16日まで六甲エコプラザに
兵庫県立兵庫工業高等学校の2年生が
インターン実習に来られた時の報告会が、
2019年2月8日に同校体育館で行われました。

全校生徒および来賓者約100社200名の方々が
傾聴されている中、
インターンに行った会社の紹介と実習内容を
日毎に発表されていました。
          
生徒達は実習を通して社会人マナーや
コミニュケーションのとり方など
基本的なことを学べたのではないかと思います。  

私達も人に伝える難しさを実感し、
生徒達と同様学ぶことが沢山ありました。
次回の機会にはもっとスムーズに実習して
いただけるようになりたいと思います。
会社としては多くの方に事業の実態を知っていただく
良い機会だったと思います。

参加された生徒の方々には今回の経験を活かし、
将来設計に繋げてほしいと思います。

第11回 卒部記念「DINS CUP」争奪奈良ちびっ子野球大会 閉会式

2月3日(日)
第10回 卒部記念「DINS CUP」争奪奈良ちびっ子野球大会、最終日が行われました。

1月27日(日)に合計7チームで予選リーグが繰り広げられ迎えた最終日、
白熱した試合の後、城東コスモボーイズが優勝の栄冠を手にしました。

大栄環境グループ常務取締役大田より
「この大会は6年生を送り出す大会です。
 ちびっ子野球愛好会の皆様方、チーム関係者の方々、ご父兄の方々
 無事終えられましたこと厚くお礼申し上げます。
 君達6年生は4月から中学生に上がります。
 小学生とは違った環境に君達は行きますが、野球で培った
 我慢・頑張ること・チームワーク・色んな形のものが君達の中には育っています。
 中学に行っても野球で培った精神を忘れずに頑張ってください。」
と閉会のご挨拶をさせて頂き、2日間の大会の幕を閉じました。

自由が丘中学校トライやる・ウィーク活動発表会

三木リサイクルセンターで今年度受け入れたトライやる・ウィークの1校である、
1/25(金)自由が丘中学校から活動内容を発表する場にご招待いただきました。

生徒達が活動の様子をまとめた壁新聞が体育館の入口両側に広がり、
職場体験の事業場業種を5グループに分け、掲示されていました。

各事業所への訪問には担当教諭だけでなく校長先生も可能な限り
生徒達の活動の様子を見に行かれ、激励されていました。
初めは緊張した面持ちが段々逞しくなったと感じられたようです。
体験当日までにマナー教室を受けたり、ドキドキしながら事業場へ電話をしたりと
大変な思いをして一歩大人に近づき、学校では見られない表情や
笑顔に繋がっていますと活動までの舞台裏も1年生に紹介されました。

エフエムみっきぃで鍛えた生徒達のスムーズな司会で全57事業所を代表して9事業所の発表があり、
活動の様子や心構えを報告するだけでなく、1年生が来年の参考になる様にクイズや訓練の様子、
数事業所の紹介を実演を交えつつ中継で紹介と各グループ工夫をしていました。
その様子は会場全体を楽しい雰囲気で包み込み、あっという間の2時間でした。

職場体験を通じて働く事の大変さ、挨拶の重要さが感じられたと思います。
また、ただパソコンを分解するだけでなく、それが来年開催されるオリンピックのメダルに
変わっていくなどリサイクルする事でそれがどう社会に役立って行くのかを
知って頂けたのではと感じています。
貴重な機会に参加させて頂き、ありがとうございました。

京都かんきょう 京都環境賞 特別賞を受賞しました

1月29日(火)京都市役所にて、第16回(2018年度)京都環境賞の表彰授賞式が行なわれました。 

京都環境賞は、地球温暖化や循環型社会の形成などに貢献している市民や事業所をたたえるため
毎年選んでいる賞で18年度は、34の団体・社の応募の中から17の団体・社が受賞し、
大栄環境グループの京都かんきょうは、 特別賞(KES推進賞)を受賞しました。

式典当日は表彰の後、門川京都市長の挨拶、 寺田京都市会議長の来賓祝辞、
山田京都環境賞選考部会長の選考講評をいただき、
日頃の家庭ごみ収集業務で必要な環境に係る知識を習得し、従業員のサービス向上を図るため、
社内教育の一環として専門家等と連携して 独自に作成した「環境資格認証検定」の創設と実施が
認められ、受賞することが出来ました。

今後も「世界の文化首都・京都」の環境美化貢献に 努めてまいります。

歴史めぐりマラソン in 木津川

1/27(日)第5回目となる「歴史めぐりマラソンin木津川」が
泉川中学校グラウンドで開催されました。
大会を盛り上げる為、京都事業所から選手9名、ボランティアスタッフ19名、
三重事業所から選手として6名、総勢34名が参加しました。

開会式では、木津川市河井市長より挨拶をいただき幕が開けました。
そして今回も、ゼッケンには三重中央開発㈱の名前が載りました。

今大会では、ステップコース(9Km)には6名、
ファミリー(2Km)5名・ファミリーペア(2Km)2組の精鋭が出場し、
ベストを尽くし完走いたしました。
スタッフについても寒い中朝早くから立ちっぱなしで競技を支えました。

今後も従業員一同地域行事に積極的に参加し、地域活性化に寄与していきたいと思います。